2016年11月15日(11:51)

11月の出張-エアコン暖房について

新潟から東京の出張についてつぶやいてみようと思っているうちに、次の関西出張が終わってしまいました。

新しいところから書いておこうかな。

2016_1115cspace.jpg〈床下なう〉

白井的に目からうろこだったのが、エアコン暖房のことなのです。
北海道ではこれまでエアコンという空調機をほとんど使ったことがない。せいぜいクーラーです。

それが、「本州でエアコン1台の暖房をやっている」「北海道でもできないか」「寒冷地性能が向上しているらしい」ということで、興味を持つビルダーが増えています。

今回、メチャ暑い広島まで行って、エアコンの使い方を勉強してきました。もちろん断熱住宅におけるエアコンの使い方です。


簡単にまとめると、

暖房用は床下
冷房用は一番高い天井やロフト
ということになります。

2016_1115loft.jpg〈ロフトなう〉
 
床下エアコンで冷房してはいけない。冷房が効かないしカビ発生の危険あり。
床下に設置するエアコンは暖房専用。灯油使うならFFストーブとか、エコジョーズなら温水暖房とか、何でもよい。
 
Q:なぜ部屋に設置しないか。
A:温風暖房が不快だから。床下にエアコンを入れれば、床面からの伝熱・輻射・自然対流の快適暖房になる。
 
すごくシンプルな答えでした。
ボク個人的には、床下で暖冷房をすると思い込んでいましたが、冷房には使わないと聞き、とてもスッキリしました。
 
2016_1115lawson.jpg〈広島の赤いローソン〉
 
じつは我が家にエアコンを入れようか数年悩んでいます。
当然、暖冷房兼用に使いたいのですが、
それに対する答えは、依然として見つかっていません(笑)。
 
しかし、多くの悩みはこれで解決すると思います。
あとは暖房空気を回すために、床下へリターンする開口を大きく取っておけばOKかと。
 
なお、この旅で腕時計をホテルに置き忘れました。
3,000円で買った腕時計を1,600円かけて送ってもらいました。
 
2016_1115watch.jpg
しょうがないっしょ(T-T)

カテゴリ:出張 |

コメント

コメント

PROFILE

編集長 白井 康永

iezoomと北海道住宅新聞を中心に、豊かな暮らしを次世代へ引き継ぐため、ボクたちが日本を導きます.時にひょうひょうと(笑).
北海道・札幌市生まれ58歳。血液型O型.3人の子どもは親元を離れて自活. 休日にやってること:のろまジョギングとテレマークスキー.

月別アーカイブ