北海道住宅新聞

この機会に定期購読しませんか?

北海道住宅新聞

住宅技術専門紙「北海道住宅新聞」‐専門家向け

住宅会社に求められる情報は膨大ですが、貴社は本当に必要な"深い"情報をキャッチできていますか。 ネタ元はインターネットや広告優先の新聞・雑誌だけでじゅうぶんですか。

本紙は北海道に拠点を置くことで、厳しい気候が引き起こすさまざまな問題とその解決方法を、どこよりも早くお伝えします。 北海道や北東北のビルダーたちの生き残り戦略も掘り下げて取材しています。

北海道内はもとより、全国の先進的な住宅会社や住設建材メーカー様などに読まれています。

発行日/毎月5、15、25日発行
体 裁/タブロイド判12~8ページ
電子版/pdfで配信(購読料に含む)
購読料/1ヵ月3,240円(税・送料込)

〈主な内容〉・住宅現場紹介・新技術紹介・経営やマーケティング
・行政の動き・住宅着工データなど

購読してわかった、ここが役に立つ!
購読者さまレビュー

  • ●断熱・気密施工などの最新情報がわかり、高性能化を進めるうえで勉強になる。記事でよくわからない部分は電話すると記者が説明してくれるので助かる。(網走・工務店専務・40代)
  • ●実行価格表で住設建材の市況を確認できる。自社の仕入れ価格が高いのか安いのか把握できるし、価格交渉の際に参考になる。(札幌・工務店社長・30代)
  • ●北海道情報が知りたくて読んでいる。メーカーさんなどからも情報は入るが、彼らにとって都合のいいように情報が加工されていることが多く、こちらが情報操作されてしまう。そういうことがない生情報に触れるとビジョンが変わってくる。(岩手・工務店 社長40代)
  • ●ハード・ソフト面の記事から営業関連の記事まで幅広い内容で掲載されているので、社員教育に使える。現在は社員全員に回覧した後、自社の仕事に活かすことができる記事などあれば、みんなで話し合っている。(札幌・住宅会社社長・50代)
  • ●お取引のない会社の情報は、なかなか集めにくく、その会社のホームページを見ていれば多少はわかるのだろうが、いちいちチェックしているヒマもないので、北海道住宅新聞の取材記事はたいへん参考になる。また、「新聞に載っていた○○工務店のように・・・」と、お取引先の工務店に何か新しいことを勧める際にも役立っている。(札幌・建材商社営業30代)
  • ●本州の新聞も購読しているが、ときどき間違っているんじゃないかボクには思われることを書いている。住宅新聞は購読料が高いが内容の信頼性はバツグンだ。(旭川 工務店社長)
  • ●行政の施策をコンパクトにまとめてくれていて、とてもわかりやすい。行政のホームページを見ればわかることなのだが、情報量が多すぎてぱっと見て内容がつかめない。新聞なら、肝心な部分をわかりやすくまとめてくれているので早く理解できるし、お客さまに説明するときの資料としても活用している。(札幌・建材メーカー営業40代)
  • ●とにかくおもしろいね。とくに読者のつぶやきページは、どの記事よりも役に立つ。同業工務店の気持ちを知ることができるし、自分のアンテナがしっかりしているかの確認にもなる。(帯広・工務店社長50代)

お申込みフォーム

北海道住宅新聞

(電子版含む.お支払い方法は後日、弊社からご連絡させていただきます)
定期購読
1ヵ月:3,240円
試読(1ヵ月は無料)
無料
合計金額:

送料は後日メールにてお知らせ致します。価格はすべて税込

お名前:【必須】
フリガナ:【必須】
年 齢:
郵便番号:【必須】
ご住所:【必須】
会社名: ※法人でお申し込みの場合のみ
電話番号:【必須】
E-mail:【必須】
※確認用に上記と同じメールアドレスをご入力ください。
伝言欄:

受付後、お申し込み内容の確認メールをお送りします。