2018年01月29日(14:25)

盛岡駅で乗り継ぎ待ち

1月27日土曜日に千歳空港を発って秋田に降り立ち、土曜、日曜の2日間、弊社・栗原くんといっしょにオーナーさま取材2件、その他の取材を終わらせ、今日・1月29日は栗原くんが札幌に帰りましたが、ボクは秋田新幹線で大曲から盛岡に移動。ここでスターバックス→ランチ→タリーズとハシゴしながら仕事を進めています。
 
このあとは夕方に二戸に移動して90分ほどのプレゼンを行う予定です。
 
ホームページ上で工務店さんの魅力を伝えようとする場合、使えるのは文字と写真です。音やニオイや空間は使えません。
当たり前です。
ところが、じつは音やニオイや空間は、とてもたくさんのことを伝える力があります。
例えば、「それはダメ」と誰かが話すとき、その声、その間、アクションによってまったく違う受け取り方になります。
早口は冷たい印象、ゆっくり口調は諭す印象、大声は威嚇的。
 
そういった空気感をどうやって伝えるかを考える取材でもありました。

2018_0129inds.jpg
 
この写真は取材先を出る直前にふと見上げた分電盤に興味を持ち、いろんな角度から撮った写真のうちの1点です。
気を引いたのは見たこともないブレイカーでした。
かなり古い、しかもシンプルで歴史を感じさせる。
社長に聞くと、生まれる前からあった作業場の、いまは使っていない3相のブレイカーとのこと。
動力用だったのではないでしょうか。
 
これをとにかくかっこよく写真に撮りたかった。
何かに使う目的があったわけではないのですが、この写真は工務店の歴史をかっこよく伝えられるのではないかと思ったのです。
 
50年という歳月、その間の人の営み、3相電源の先進性。こういった伝えにくい空気感を、この写真は伝える力があると思いませんか。
ファクトリー&インダストリアルな流行ど真ん中でもあります。
 
信用とか歴史は伝えにくいですね。だからブランディングが必要なのですね。
 
さあ、あと1時間少々で出発です。

カテゴリ:出張 |

2018年01月18日(19:19)

新年早々ポッキリ(笑)

新しい年が早くも18日を経過しようとしています。
本格的に仕事が始まり、また新年会もピーク迎えていますね。
 
当社にとって、昨年は大きな変革の1年でした。
長年続けてきた情報誌受託の仕事から卒業し、担当を含めた資源をビルダーさま支援に振り向けました。
皆さまに支えられながら、お声がけいただく機会が徐々に増えています。
北海道内だけでなく、今年から本州地域でも工務店さま支援が始まります。

2018年はこの活動を継続しながら、一方で原点回帰をする予定です。北海道住宅新聞の背骨を改めて見つめ直し、皆さまにとって「良いよ」と評価いただけるようになりたいと思っています。
 
2018_0118.jpg
と新年の決意はこのくらいにして、
今年の思う雪に負け、わが家に愛されて使用頻度ナンバーワンの雪かきが、先日死亡しました。
雪をすくい取った瞬間に「ボキッ」。
 
驚きました、初体験です。
今年もいいことありそうだ!!

カテゴリ:日記 |

2017年12月29日(15:03)

印象的だった北大構内の歴史的建造物・耐震改修後の見学会

2017_1229_01.JPG
今年8月23日、
耐震補強した北海道大学内に建つ歴史的建造物を見学するツアーに参加しました。この時期はけっこう忙しかったのですが、どうしても見に行きたかったので、午後は趣味の世界に走りました(笑)。

2017_1229_02.JPG
北海道大学は、大学であると同時に北海道開拓の歴史でもあります。農学部は、まさにここから北海道の酪農のノウハウが広がったという意味で、大学を超えた意味があります。
理学部は、北海道に眠る資源の開発ともかかわり、こちらも開拓・産業を支えた歴史がきざまれています。
そういう意味で北大は構内すべてが博物館でもあり、アミューズメント施設でもある、というのがボクの認識です。

2017_1229_03.JPG
見学ツアーを記事にしなかったので、ここで少しばかり紹介したいと思います。

まずは超有名なモデルバーン。この木造建築群が耐震補強されたのだそうです。どうしてもここを見たかったのでございます。

2017_1229_04.JPG
建築技術としては、アメリカから輸入されたツーバイフォー的な工法と、大工が持つ軸組工法がミックスしているそう。ただし、時代によってどっちに比重があるかは変わってくるという。古い建築ほどアメリカの技術がそのまま使われているはずです(だいぶ忘れた)。

2017_1229_05.JPG
耐震設計がうるさくなっている現代の木造建築の目で見ると、「こりゃ基準法クリアしないな」とボクみたいな素人でもわかるわけです。とは言え、現行基準に沿って補強するなら、オリジナルの状態がまるで破壊されてしまいかねない。そこをどう乗り越えるかがこういった歴史的価値のある建築を改修する際の大きなポイントになるそうです。

2017_1229_06.JPG
しかし、そういった難しい話ではなく、木造建築の素朴な良さを堪能しましたですよ。法隆寺とはまた違った木造の世界がここにあります。貧乏だけどなぜか豊かさも感じさせる木造建築群なのです。
あ、そんな感想を持つのはボクだけかもしれません。

2017_1229_07.JPG
ボクは、シンプルな三角屋根が好きです。いわゆる切妻屋根こそが北海道の木造のシンボルであると信じて疑いません。
時代がフラット系屋根全盛になろうが、そこは変わらないです。

カテゴリ:北海道・札幌 |

2017年12月22日(17:48)

編集長コラムと公式サイトをプチリニューアル

今日、プチリニューアルを終えました。
エンドユーザー向けサイトはずいぶん前から新しい仕組みで動いているのですが、公式サイトとこのコラムはヒマなときにでも、と少し放置気味でした。
今回は、スマホ対応にあわせてデザインのプチリニューアルをした程度です。
今後、本格的にコンテンツの充実を進める予定です。

カテゴリ:日記 |

2017年12月18日(17:50)

超低金利・地価高騰を背景に小型プランの勉強も始まる-札幌この一年

今年もあと2週間となりました。ボクの住むまち・札幌で、とにかく印象的だったことを書いてみます。

札幌圏ではこの1年、地価高騰がバブルのようにふくらみ、地下鉄・JR駅から徒歩圏内は前年の5割高といわれるほど高騰しました。一方で駅から離れた宅地は現状維持か価格が下がっています。消費者の多くは利便性が最優先なので、ない土地をみんなが探すことになるため、住宅会社としても営業マン個人としても土地待ち客名簿ができるほど。住宅会社にとって最大の悩みのタネとなりました。

例えば、坪100万円の宅地が登場しています(2年前まではおよそ60万円台が上限)。
地下鉄徒歩10分圏内で坪50万円が相場になってきました(30万円台が許容限界かと思うのですが)。
バブル時代に地上げされその後塩漬けになっていた宮の森の大型宅地が売りに出ています。

2017_1218hata.jpg
〈マンションにはさまれたまちなかの家〉
 
こうなると、普通の市民が予算内で購入可能な駅近土地は、間口が10m以下で狭く、日照も厳しいものばかり。逆にそういう土地でも明るく光が入るすてきなプランが提示できれば、設計力で家が売れていく時期でもあります。

建物間口が4間(7.2m)以下になると、間取りの工夫が必要になります。最近は1階の床面積が小さくなっているので、1階に玄関、LDK、水回り、できれば個室1つをどう配置するか、かなり難しいのです。

2017_1218kamata.jpg
このようななか(一社)新住協札幌支部はこの1年間、コンパクトプランで、かつ同団体が推進する省エネ住宅「Q1.0住宅」をローコストに実現するプロトタイププロジェクトを実施しています。
間口5間(9m)の敷地を想定し、2.5間×6間と、3間×5間の総2階プランを検討。このうち2.5間×6間のプランは基本設計を元に数社が概算見積を提示。今後はプランを確定させて構造計算、実施設計、モデルハウス提案と進む予定です。

企業単位でも、3間×5間の総2階プランを企画商品として検討している会社も出てきています。建物間口が3間(5.4m)なら、土地間口は5間、ギリギリ7.5mでも収まります。


一方で、誕生から20~30年が過ぎたバブルからポストバブル期に広がった郊外のニュータウンの中には、札幌市内にもかかわらず坪5万円以下でも買い手がつかないケースもあります。豊かなカントリーライフを夢見たものの、子どもが巣立ったので中心部に引っ越そうと売りに出す。ところがまったく売れないという例もあるのです。

超低金利の金融政策は、住宅ローンの総額が小さくなることで、ここまで住宅景気をけん引してきました。しかし、徐々にマイナス面が大きくなってきているというのがこの1年でした。

カテゴリ:ie家 |

PROFILE

編集長 白井 康永

家づくりを変えたいという野望を持ち、北海道住宅新聞、札幌良い住宅jp を中心に、少子化の激流のなかでわれわれが日本を導きます.時にひょうひょうと(笑).
北海道・札幌市生まれ54歳。血液型O型.新卒1年、専門学校に通う娘たち、高校を卒業した息子あり. 休日にやってること:のろまジョギングとテレマークスキー.

月別アーカイブ