2015年01月28日(19:13)

家づくりのスタイルを持っている

1月26日(月)-27日(火)は宮城に出張していました。
朝イチの飛行機で仙台空港に飛び、そこから今は定年して自由な立場で家づくりの情報提供をリードしている酒井さんの運転で気仙沼に向かいました。

2015_0128lunch.jpg
仙台空港から気仙沼の話は後日にしたいと思います。
今日は、気仙沼から戻って仙台市内に入り、いま、北海道住宅新聞の紙上で連載コラムをお願いしている中島さんと合流。中島さんのご案内である地場工務店を訪ねました。
倉庫の建物を改築し、天井の高い1階がカフェ・バー、2階が事務所というつくり。
ちょうどお昼になったこともあり、僕たち3人はカフェでランチしました。
プレートが運ばれてから少しして、社長の小野さんが登場。
4人で家づくりや薪ストーブ、温水暖房などなど話が続きました。
小野さんは、創業10年で現在30棟規模、社員さんが40名を超す会社を引っ張っています。しかも、自分のスタイルを磨きながら。

2015_0128cafe.jpg

いま、すべての住宅に薪ストーブかペレットストーブを取りつけているそうです。
夢はあってもじっさいに自分の家につけるとなると、多くの人が二の足を踏む。ですが、小野さんは、顧客といっしょにそういった手のかかることを楽しみながら、そういったスローで自然に近いライフスタイルを実践しているようです。
山すその土地でやぎを飼っているとか。

工務店の力強さを感じました。ものづくりとライフスタイルに方向性がある工務店が増えると、大手メーカー一色の仙台の住宅事情は大きく変わるのではないか、と予感しました。

今回はお客さまが食事中のカフェ店内なので、顔写真なし、店内の写真もいまいちで申し訳ありません_(._.)_

カテゴリ:ie家 |

コメント

コメント

PROFILE

編集長 白井 康永

iezoomと北海道住宅新聞を中心に、豊かな暮らしを次世代へ引き継ぐため、ボクたちが日本を導きます.時にひょうひょうと(笑).
北海道・札幌市生まれ58歳。血液型O型.3人の子どもは親元を離れて自活. 休日にやってること:のろまジョギングとテレマークスキー.

月別アーカイブ