札幌良い住宅.jp ホーム > イゼッチハウス北海道株式会社 > 自宅でクライミングウォールやブランコ!/イゼッチハウス北海道・超省エネ大賞3位Sさん

自宅でクライミングウォールやブランコ!/イゼッチハウス北海道・超省エネ大賞3位Sさん

イゼッチハウス北海道株式会社

ライター 高橋明子 | 断熱・省エネ・zeh | 趣味・こだわり系 | 2016.05.17

※(株)大洋建設は2017年7月からイゼッチハウス北海道(株)のグループ中核企業になりました。

家を遊び場に!わが家だから、やりたいことが次々と実現できる

前回の記事に続いて、イゼッチハウス北海道(大洋建設)の超省エネ大賞で3位に輝いたSさん邸におじゃまさせていただきました。スーパーやショッピングセンターにも近い、主道から少し入ったところにある静かな住宅地です。 Sさんは30代前半の会社員、奥さまは看護士と共働きで、休日にご家族3人がそろうのは月に数回といいます。それだけに、ファミリーのふれ合いをとても大切にしていらっしゃるとか。

2016_05taiyou_climb.jpg

リビングにあるのは、吹き抜けを利用したSさん手作りのクライミングウォール。小学1年生の息子、律くんの成長を追った写真パネルもあわせて、素敵なオブジェにもなっています。

2016_05taiyou_bl.JPG

ブランコも!

2016_05taiyou_oyako.JPG

ハンモックも!なんともうらやましいですね。これらは、簡単に出したりしまったりできるようにもなっています。

2016_05taiyou_yugu.jpg

楽しいスペースのアイディアを出したのは、イゼッチハウス北海道(大洋建設)社長の鏡原さん。Sさん邸の建築途中に、鏡原さんがこの空間を見上げて「こんなこともできるけど、作ってみたら?」と提案したそうです。
乗り気になったSさんのために、イゼッチハウス北海道(大洋建設)ではホールドと呼ばれる突起物を固定するための壁下地の強化と、ブランコも吊るすための化粧梁を設けました。
「クライミングウォールもブランコも、主人が作りました。この家に住んでから、なんだかDIYに目覚めちゃったみたいです」と奥さん。
ちなみに、新築時にこのような工事はそれほどお金がかかりませんが、建ててからクライミングウォールを作る場合は相当の予算がかかるため、プラン時に検討しておくほうがよいそうです。

2016_05taiyou_kaidan_main.jpg

キッチンカウンターの前面にある棚も、Sさんがホームセンターで購入したブロックと板を組み合わせて作ったもの。「ずっと自分たちが住む一戸建てだから、家でこうしたい!と思ったことが自由にできる。楽しいですよね」とSさん。

暖かく長持ちする家は、断熱だけじゃなく気密性能も大事!

じつはSさん、建築専門紙にお勤めの経歴があり、住宅会社選びでは「性能に優れた、しっかりとした家を造ってくれる」イゼッチハウス北海道(大洋建設)さんと決めていたそうです。

2016_05taiyou_soto.jpg

「断熱性能を高めた家ならほかにもありますが、」とSさん。「住宅会社選びに当たって重視したのは、やはり気密性です。家のすき間がないように施工するのは、職人さんの持っている技術が問われます。イゼッチハウス北海道(大洋建設)は自社大工さんで、C値(相当すき間面積)を1軒ごとにきちんと測っているから信頼できます」。ちなみに、Sさん邸はQ値が0.6以下、C値は0.2と札幌版次世代住宅基準のハイレベル並み。

2016_05taiyou_genkan.JPG

「私たちが希望したのは、耐久性が高く、メンテナンスの手間がかからない家」とSさん。外壁にガルバリウム鋼板を使う一方、エントランス部分には杉板を張って温かみのある印象になりました。

2016_05taiyou_L.JPG

1階は、室内階段でリビングとダイニングのスペースを分けた造り。吹き抜け部分は広く、伸びやかさが感じられます。

日射をたっぷり取り込む設計で光熱費ダウン!

2016_05taiyou_kaidan_neko.jpg

超省エネ大賞3位の理由は、大きめの窓を南側に多く設けたことも挙げられます。日射がより多く差し込み、暖房費を抑えることができました。

2016_05taiyou_321.jpg

暖房・給湯はエコキュートを使用しています。冷房のためにエアコンも設置しましたが、使ったのは年に数回とか。「南側の窓も、ブラインドを下げれば暑くないんですよ。普通なら窓を開けるような真夏も、窓を開けたら逆に暑いぐらい」(奥さん)

2015年の1年間に暖房・給湯・調理・電灯にかかった光熱費は17万円だそう。114平方メートル・約35坪のおうちで、いちばん寒い1月の光熱費でも2万6千円台ですから、これはホントにありがたいですね。
ちなみに、超省エネ大賞にエントリーした25家族の光熱費は、平均で20万円台だそうです。イゼッチハウス北海道(大洋建設)が真剣に取り組んできた『光熱費負担の軽い家』が、オーナーの実生活で証明されているようです

2016_05taiyou_housekeeping.jpg

キッチンカウンターはお手入れのしやすいものをセレクトしました。ダイニングには、奥さん専用のフリーカウンターが造作されています。
奥さんは、「キャプテン・アメリカ」などのアメコミヒーローものが大好き。仕事に家事と忙しい毎日、ここでお気に入りの映像を観るのが楽しみだそうです。

2016_05taiyou_neko2.JPG

「それでは、2階を案内するニャー」。
Sさん邸に来て1年になるミーちゃんです。札幌市の動物管理センターに収容されていたニャンコを、Sさんご家族が引き取りました。息子の律くんとも大の仲良しで、家の中をいっしょに遊び回っているそうです。「やっぱり自由にネコを飼えるのは、一軒家ならですよね。良かったです」とSさん。

2016_05taiyou_UT.jpg

2階のホールは、子どもが走り回って遊ぶこともできるようにフリースペースを造りました。日当たりもよい南側は、物干しスペースになっています。
寝室には、広めのウォーキングクローゼットがあります。Sさんご夫婦の希望で1階には物置を設けるなど、収納スペースを多く取りました。

2016_05taiyou_oyako2.JPG

子ども部屋で遊ぶ、小学1年生の律くんとSさん。部屋にはあえて机やテレビベッドを置かずシンプルに。「成長の段階に合わせて、与えてやりたい」とSさんご夫婦は話します。

2016_05taiyou_family.JPG

ほかにも、お友だちを呼んでお庭でバーベキューをしたりと、家族そろっての少ない休日を思い切りエンジョイしているSさん。「住んで2年目になりますが、暑い・寒いといった不自由はまったく感じません。気密が高いですが、結露もないので安心です」。奥さんには、第二子も生まれる予定とか。Sさんファミリーにとって、年を経るごとによりいっそうの愛着が増す我が家になりそううです。
2016_05taiyou_kaidan_image.jpg

記者の目

楽しいご家族、楽しいおうち。お金を大きくかけずにクライミングウォールやブランコなどの仕掛けを提案したイゼッチハウス北海道(大洋建設)・鏡原社長の提案もさすがと思いました。 断熱性能の高い家といえば、断熱材の厚さをイメージしますが、すき間を極力なくすことも大事だと今回はあらためて認識しました。気密性、つまり気密シートや気密テープで住宅のすき間をなくす作業は、Sさんの言葉通り「職人さんの持っている技術によるもの」です。住宅会社選びでは、こんなところも慎重にチェックしたいものですね。

イゼッチハウス北海道株式会社の企業データ

作品例

編集部からの一言

光熱費負担が小さい家でお客さまにたくさん喜んでいただくため、断熱や蓄熱などさまざまな技術を取り入れる。基礎工事から仕上げまで、すべてを直営で工事し、品質を常に一定に保つ努力を続ける。

※(株)大洋建設は、地球環境保護と家計負担の削減を進めるため、光熱費ゼロ生活(収支ゼロ)を実現する住宅会社を目指し、2017年7月からイゼッチハウス北海道(株)のグループ中核企業になりました。

建築総額の傾向

会社情報

企業データ

設立年:1992年(社名変更2017年)
資本金:3650万円
施工エリア:札幌市・近郊、砂川、余市、千歳
定休日:毎週水曜・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク

社内体制

営業5人、設計3人、現場管理4人、社員大工4人、アフターサービス専任1人、全22人(2015年12月)

過去の実績

2016年:48棟
2015年:47棟
2014年:48棟
(大洋建設)

社名 イゼッチハウス北海道株式会社
住所

札幌市東区北43条東19丁目2-2 大洋ビル2F

TEL 011-780-1008
FAX 011-784-1009
HP https://zeh.jp/

アクセス

この企業の記事一覧

ブログ新着記事

世界の再生エネルギー事情
夏が待ち遠しい営業部千葉です。今回は、先日記事に掲載されておりました海外の「再生エネルギー」について18年05月22日
ブログ – イゼッチハウス北海道株式会社
ドロボウさんが嫌がる住宅とは・・・
営業の富樫です。ここ数日、温かい日もあれば肌寒い日もありまして気温の変動が激しいですが、皆様いかがお18年05月19日
ブログ – イゼッチハウス北海道株式会社
広い吹抜けから差し込む日差しとオープンキッチン
桜もそろそろ終わりになって太陽の日差しが暖かくなってきました。建築中だったお客様のご自宅がめでたく完18年05月15日
ブログ – イゼッチハウス北海道株式会社
家相について理解しよう。札幌工務店発信、先人の知恵から学ぶもの
ブログ更新をしばらく様子見していたら、気が付けば1か月弱が経過する事になっていた。更新が少ない事に頭18年05月14日
ブログ – イゼッチハウス北海道株式会社
長さ・広さの謎 ~尺・坪ってなんだ?~
人生初のブログにチャレンジ中のイゼッチハウス北海道設計部の会津と申します。社内で随一の体重を誇る自称18年04月23日
ブログ – イゼッチハウス北海道株式会社
企業情報を見る
このページの先頭へ