札幌良い住宅.jp ホーム > 編集部ブログ > 住民みんなに届く自治体広報が何を伝えるべきか・・・
札幌良い住宅 編集部ブログ

住民みんなに届く自治体広報が何を伝えるべきか・・・

栗原

その他 | 2014.07.02

住民みんなに届く自治体広報が何を伝えるべきか・・・

この広報福智2007年12月号には私も驚愕しました。
http://www.town.fukuchi.lg.jp/pdf/concours/200712.pdf
大正3年、もはやリアルタイムで覚えている人はいない、
炭鉱災害を扱う23頁にも及ぶ特集。
36頁には谷川俊太郎氏の詩。
41頁からは飲酒運転の被害者家族へのインタビュー。
ふくち.jpg

普通、飲酒運転はやめましょう、みたいな標語でも掲載しておけば、、、という対応でしょう。被害者家族にインタビュー→飲酒運転の恐ろしさがビシビシ伝わってきて、もう酒飲んで運転なんか、普通の精神ではできなくなるような紙面です。

「命」を貫く紙面。
そして、歴代の編集担当者が次々と傑作を生み出している...
ほんと素晴らしい編集を町職員が続けています。

今の担当者相原さん。1号目から素敵です。
https://www.facebook.com/keita.aihara.54
このマチの広報は目が離せません。

栗原 | その他 | 2014.07.02 |

コメント

コメント

人気記事

このページの先頭へ