札幌良い住宅.jp ホーム > シノザキ建築事務所(株) > 円山公園へ住み替え。中古マンションを戸建て感覚で上質リノベ「うつろいの、こばこ」

円山公園へ住み替え。中古マンションを戸建て感覚で上質リノベ「うつろいの、こばこ」

シノザキ建築事務所(株)

ライター 井上由美 | 女性目線の家づくり | 自然素材 | 記者の目 | 趣味・こだわり系 | 2017.05.09

自然素材を取り入れた家づくりに定評のあるシノザキ建築事務所が、 中古マンションのフルリノベーションを手がけました。 戸建て住宅のポリシーをマンションにも活かしているとのこと。 さっそく見学会に出かけてきました。
syhinozaki0422_0503.jpg

「うつろいの、こばこ」に込められた思い

内装以外は建築当時とほとんど変わらなかった築31年の3LDKマンションをスケルトン状態にし、2LDKに変更するなど、大変身した今回のリノベーション。 シノザキ建築事務所では「うつろいの、こばこ」と名づけています。

「マンションをかわいらしい小箱にたとえて、移り住むときめきを表現してみました。今後は長年住み慣れた一戸建てから、マンションへの住み替えを希望される方が増えてくるのではないでしょうか」

こう話すのは、二級建築士でインテリアコーディネーターの篠崎正子さん。今回のリノベーションも、依頼主と一緒に物件探しから同行し、プランニングを担当しました。

依頼主は40代の女性と80代のお母さまの二人家族。数年前にお父さまが亡くなり、娘さんが仕事に出ている日中はお母さまがおひとりになるため、冬場の除雪や広い家の管理は難しいということで、マンションへの住み替えを希望されたそうです。

「人気エリアで相場が上昇しているため、築30年以上のマンションを見てまわりました。希望通りの立地でも配管の都合などで壁を取りはらって工事できず購入を断念したこともあるなど、物件探しには苦労しました」(篠崎正子さん)。

shinozaki0422_0512.jpg

水回りと収納がリノベーションのポイント

「リノベーションのポイントは水回りと収納です。奥まった場所で壁を向いていた暗いキッチンを、バルコニーに近い場所に移し、リビングに向き合った明るく開放的な対面キッチンにしました。トイレは広くしてカウンターを造作。また、玄関にはシューズクロゼット、二つある洋室にもそれぞれにウォークインクロゼットを設けました」(篠崎正子さん)

玄関ホールのシューズクロゼットは、注文住宅によく見られるウォークインタイプのたっぷりサイズ。雨具などもすっきり収納できそうです。キッチンは、通常のI型タイプに対面カウンターを職人が造作したもの。収納はほとんどが造作で、上質な空間作りへのこだわりが感じられます。

shinozaki0422_0544.jpg

戸建てからの住み替えで一番問題になるのは、きっと収納ではないでしょうか。

「これまで使っていた食卓やソファはサイズが合わないので、新しくしました。壁際のカウンターは窓の高さに合わせるため、テーブルの高さや椅子の座面を通常より低くするようオーダーしています。お手持ちのベッドやお仏壇はあらかじめ寸法を図ってきっちりと納まるようスペースを確保しています」

なるほど、何を処分して、何を新居に持っていくか、スペース効率を考えながらプランニングすることが大事なのですね。

shionzaki0422_0514.jpg

RCマンションに、木造のやさしさを

シノザキ建築事務所らしいこだわりも内装の随所に見られました。

リビングの一番広い壁面は、珪藻土の塗り壁。床材はウォールナット突板の積層材。カウンター台はクルミの3層合板。いずれも表面が厚めの突き板なので無垢材のような質感が味わえます。

玄関の上がり框(がまち)やトイレの手洗いカウンター前にはタイルのアクセントが効いています。落ち着いた色合いの自然素材に囲まれていると、木造住宅にいるような居心地の良さを感じます。

「現在主流の、表面に木目をプリントした新建材は便利で手軽だけれど、時間が経てば色あせてしまいます。マンションでも使い込んでいくうちに味が出てくるような本物の素材を取り入れた家づくりをこれからもご提案したいです」(篠崎正子さん)

shinozaki0422_before.jpg
リフォーム前。30年前のキッチン(右)は壁で隔てられて閉塞感があり、トイレ(左)は狭かった

もとは個性のない画一的なマンションでも、自然の素材と職人の造作をたっぷり使ってリノベーションすれば、注文住宅のような居心地のいい空間が可能になる−−。見学会でリアルに体感することができました。

記者の目

shinozaki0422_0541.jpg

今回のリノベーションでは、ご高齢のお母さまの安全面に配慮した工夫が随所に施されていました。廊下の手すりはもちろん、トイレは広くして引き戸に、お風呂はまたぎの低い浴槽に...。このあたりは当然かもしれませんが、篠崎さんのアイデアが光るのは、たとえばトイレ収納の取っ手部分。よく見るとリスとウサギのかわいいモチーフになっています。女性の二人暮らしだからこそ、こういう小さなアイテムが、暮らしを豊かに彩るポイントしれませんね。

shinozaki0422_0558.jpg

シノザキ建築事務所(株)の企業データ

作品例

編集部からの一言

経験豊富な建築家篠崎廣和さんが、親身になって家造りをしてくれます。
スタッフ一丸となって、気配りの効いた住まいが実現できると思います。

建築総額の傾向

会社情報

企業データ

2006年独立開業
2008年法人創業 資本金300万円
施工エリアは札幌圏、東京近郊

社内体制

一級建築士2名、二級建築士3名 インテリアコーディネーター2名 福祉住環境コーディネーター3級1名、住宅ローンアドバイザー2名, 1級建築施工管理技士1名, 宅地建物取引士1名

過去の実績

過去3年間で新築21棟

社名 シノザキ建築事務所株式会社
住所

〒063-0865
北海道札幌市西区八軒5条東3丁目7―12

TEL 0120-973-382
FAX 011-614-9922
HP http://www.s-machi.com/

アクセス

この企業の記事一覧

迫力のクライミングウォール!3世代が暮らす木のぬくもりあふれるZEH 札幌市/Hさん

円山公園へ住み替え。中古マンションを戸建て感覚で上質リノベ「うつろいの、こばこ」

室内は山小屋風コテージの自由空間。暖房は薪ストーブ1台でほっこりと過ごす家 シノザキ建築事務所

時間をかけて創り上げた上質な住まいを見学!/シノザキ建築事務所

クルミ床とペレットストーブのぬくもり/シノザキ建築事務所の完成見学会

1階ナチュラルシック、2階シンプルモダン!親子大満足の2世帯住宅/シノザキ建築事務所

エネルギーゼロ!?光熱費ゼロ!?のすごい家 シノザキ建築事務所の完成見学会

建築家との幸せな出会いで遊びゴコロ満載の快適な家に

夢を育むスキップフロアの隠れ家/江別市Nさん

注文住宅づくりの重要点5 "きれい"な住宅 5つの法則

女性の気配り・生活者目線が理想の住まいを実現する-女性座談会その1

注文住宅づくりの重要点4 住宅設計とテレビの関係

注文住宅づくりの重要点3 間取りを決める前に家具をチェック(最重要)

1人で楽しむ上質でコンパクトな暮らし 夕張郡・Tさん

注文住宅づくりの重要点2 人がすれ違う寸法は「最低78センチ」

注文住宅づくりの重要点1 人が通る寸法は「最低52センチ」

「昭和」な歯医者さんが明るくモダンに 札幌市・小林さん

1000棟の実績が生む設計力!

ブログ新着記事

ハットトリックハウス
 西区で開催した「ハットトリックハウス」の完成見学会。先週末は完全予約制、そして昨日は予約16年11月24日
ブログ – シノザキ建築事務所
しのカフェ
昨日の北海道は朝から大雪にみまわれましたね。今年もまた除雪の季節がキターーーーーー(汗)という感じで16年11月08日
ブログ – シノザキ建築事務所
クルーソーコテージⅡ完成見学会
1日の仕事を終え…と言っても私の場合、晩ご飯の後で仕事に戻り、風呂に入ってからまた仕事。朝起きてまず16年10月25日
ブログ – シノザキ建築事務所
しのカフェ
弊社では、建築をご計画中、又は将来的に考え中というお客様を対象にした相談会を開催しています。あまり堅16年10月17日
ブログ – シノザキ建築事務所
前川國男邸
所用で上京した折り、「江戸東京たてもの園」にある前川國男邸を見学。前川氏と言えば、日本の近代建築の発16年10月06日
ブログ – シノザキ建築事務所
企業情報を見る
このページの先頭へ