札幌良い住宅.jp ホーム > イゼッチハウス北海道株式会社 > 女性が喜ぶナチュラル系「スコーグのいえ」見学バスツアー/イゼッチハウス北海道

女性が喜ぶナチュラル系「スコーグのいえ」見学バスツアー/イゼッチハウス北海道

イゼッチハウス北海道株式会社

ライター 廣瀬舞子 | 女性目線の家づくり | 趣味・こだわり系 | 2016.08.05

※(株)大洋建設は2017年7月からイゼッチハウス北海道(株)のグループ中核企業になりました。
2016_08skog-soto.jpg

2016年7月9日(土)、イゼッチハウス北海道(大洋建設)の新商品となる「skog(スコーグ)のいえ」モデルハウスの見学を中心に、第4弾となる参加無料の見学バスツアーが開催されました。イゼッチハウス北海道といえば、札幌市が認定し補助も行っている「札幌版次世代住宅基準スタンダード」をクリアした光熱費が安く済む高断熱住宅に定評があります。
今回の新商品にも省エネ・節約を期待しつつ、早速バスツアーに参加してきました。
 
当日は、イゼッチハウス北海道の標準設備となる高断熱構造や「床ホットシステム」、オプションの「安心融雪システム」など、家族全員が暖かく快適に住めるシステムについてセミナーを開催。
 
2016_08skog-DK.jpg
 
さっぽろ環境賞を受賞した「安心融雪システム」は、冬の雪かきの手間を省くことのできるロードヒーティングシステム。省エネ暖房の余剰熱を再利用するため融雪ボイラーが不要で設備費が割安。しかも余剰熱を使うから融雪費が年間で3万円ほどで済むそう。省エネも叶えるこのシステムは、参加者の方の多くの興味を引いていました。
  
その後、札幌市東区に建築中の現場を見学。地震に強い建物にするため、基礎と土台、柱と柱の緊結に使用する「ゴムワッシャー」や、家の四隅に通常1本のところ3本の柱を建てる「三本柱工法」、断熱性の高いトリプルガラス窓、気密性が高く虫の侵入もほとんどない土間コンクリートなど、同社独自の工法を実際に見学しました。

2016_08skog-LK.jpg

さて、いよいよバスに乗り込み到着したのは、この日のメインとなる「skogのいえ」。
札幌市東区東苗穂にこのほどオープンしたモデルハウスは、(株)キムラさんの提案住宅。
「skog」はスウェーデン語の「森」を意味し、森のような温もりが感じられる、女性をメインターゲットとした住宅です。


2016_08skog-D.jpg

アイランドキッチンの横に張りだした明るいダイニング。家族そろって日曜朝の朝食が楽しくなりそう。

2016_08skog-2f.jpg

主婦の声を取り入れたアイランド型のキッチンや、自然素材を使った塗り壁、無垢材の床などが特徴。女性が思い描く「こんな家に住みたい」という住空間を、天然の素材と「可愛らしさ」にこだわり抜いてコーディネートし、提案してくれます。
イゼッチハウス北海道はパートナー工務店として、「skogのいえ」のカントリーナチュラルなテイストはそのままに、独自の高断熱仕様を取り入れた建設が可能です。

2016_08skog-K.jpg
2016_08skog-stair.jpg

参加した女性からは、
「細部にこだわりがあって可愛い住宅だと思う。まだ子どもはいないけれど、将来子どもができた時に、床や壁に傷ができても、それが味だな、と思えるような素材を使った家は魅力的だと思います」
という声や、
「家を建てるにあたって、最も重視したいのは暖房。イゼッチハウス北海道のシステムはとても興味深いですね」という声が上がりました。

2016_08skog-ro.jpg

また、参加したご夫婦の旦那様も、
「skogのいえは可愛すぎるかなと思ったけれど、実際に見てみると、住みやすさも兼ね備えているので悪くないなと思いました。無垢材を使った床は温かみがあって良いですね」
と、男性の方もご満足の様子でした。
 
イゼッチハウス北海道さんの「skogのいえ」は、29坪で2,050万円(税別)から。
断熱・省エネのシステムについての詳しいお話や、モデルハウスのご見学などは同社にお問い合わせください。
電話011-780-1005
http://taiyoukk.com/

イゼッチハウス北海道株式会社の企業データ

作品例

編集部からの一言

光熱費負担が小さい家でお客さまにたくさん喜んでいただくため、断熱や蓄熱などさまざまな技術を取り入れる。基礎工事から仕上げまで、すべてを直営で工事し、品質を常に一定に保つ努力を続ける。

※(株)大洋建設は、地球環境保護と家計負担の削減を進めるため、光熱費ゼロ生活(収支ゼロ)を実現する住宅会社を目指し、2017年7月からイゼッチハウス北海道(株)のグループ中核企業になりました。

建築総額の傾向

会社情報

企業データ

設立年:1992年(社名変更2017年)
資本金:3650万円
施工エリア:札幌市・近郊、砂川、余市、千歳
定休日:毎週水曜・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク

社内体制

営業5人、設計3人、現場管理4人、社員大工4人、アフターサービス専任1人、全22人(2015年12月)

過去の実績

2016年:48棟
2015年:47棟
2014年:48棟
(大洋建設)

社名 イゼッチハウス北海道株式会社
住所

札幌市東区北43条東19丁目2-2 大洋ビル2F

TEL 011-780-1008
FAX 011-784-1009
HP https://zeh.jp/

アクセス

この企業の記事一覧

光熱費ゼロ生活目指す「フルゼッチの家」/千歳市・I邸

断熱性能+広さ+デザイン性を重視/札幌市・K邸 イゼッチハウス北海道

夫婦で考えた住宅の「性能」「デザイン」札幌市M邸

書斎がサッカースタジアムに⁉可愛らしさいっぱいの南欧風住宅/イゼッチハウス北海道

冬も半そで快適生活!断熱・気密で決めた、駅チカのあたたかい平屋/イゼッチハウス北海道

即断即決のハウスメーカー選び!ご両親も安心の暖か二世帯住宅/イゼッチハウス北海道

わが家は断熱最優先!裸足でも快適床暖房でゆとりある子育て実現/イゼッチハウス北海道

二世帯で助け合う、支え合う。ほどよい距離の7人家族/イゼッチハウス北海道

女性が喜ぶナチュラル系「スコーグのいえ」見学バスツアー/イゼッチハウス北海道

自宅でクライミングウォールやブランコ!/イゼッチハウス北海道・超省エネ大賞3位Sさん

共働きの家事をラクにする家。年間光熱費16万円以内のYさん宅/イゼッチハウス北海道

札幌・大洋建設(現・イゼッチハウス北海道)にさっぽろ環境賞 太陽熱利用する暖房・給湯に高い評価

年間の光熱費が合計で16万円!? イゼッチハウス北海道の超省エネ住宅セミナー&超省エネ大賞

太陽熱を使った床下暖房&ロードヒーティングで暖かくエコな3世帯の家

ブログ新着記事

体験!!
 こんばんわ坂本です。先日はYKKショールームにお客様といきました。最近のショールでは、見える化、体18年07月22日
ブログ – イゼッチハウス北海道株式会社
お客様のご希望に答えること
こんばんは。営業担当の宍戸です。今回は先日お引渡しいたしました、南区のM様邸での出来事について。M様18年07月17日
ブログ – イゼッチハウス北海道株式会社
オススメ商品です!
営業部千葉です。北海道にも梅雨がやってきたのでしょうか?天候が不安定な状況がつづいております。(温暖18年07月13日
ブログ – イゼッチハウス北海道株式会社
イゼッチハウスお客様感謝祭 開催しました
営業の富樫です。先週末の7月7日土曜日にイゼッチハウス(大洋建設)でご建築戴いたお施主様対象に日頃の18年07月09日
ブログ – イゼッチハウス北海道株式会社
高断熱・高気密とデザイン重視
北海道らしくない長雨が続き早くお日様を見たくなってきましたね晴天を待ち望む小野池です。今日は「北海道18年07月05日
ブログ – イゼッチハウス北海道株式会社
企業情報を見る
このページの先頭へ