札幌良い住宅.jp ホーム > (株)丸三ホクシン建設 > 見て、触れて実感! 丸三ホクシン建設がモデルハウス公開

見て、触れて実感! 丸三ホクシン建設がモデルハウス公開

(株)丸三ホクシン建設

| キッチン | モデルハウス | 断熱・省エネ・zeh | 自然素材 | 2016.07.01

●理想の住まいとはどんな住まい?

皆さんはどんな家に住み、どんな暮らしをしたいですか? もし家を建てるなら、どんなポイントを優先させますか? hokushinmodel (15).jpgヒバの香り漂う、窓付きの明るいバスルームでのひととき? hokushinmodel (11).jpgレンガや木、アイアンなどのアイテムを使った素材感の良い空間やオーダーのキッチン? hokushinmodel (5).jpgのサムネール画像炎を見つめ、芯まで暖かくなる薪ストーブのある暮らし? hokushinmodel (8).jpg肌触りが良く、思わず裸足で歩きたくなる浮造り・無垢の床材を使った住宅? hokushinmodel (7).jpg明るく開放感があるオーダーの木製窓?カーテンなしでもプライバシーも確保出来るリビング? hokushinmodel (17).jpgそれともお気に入りの照明などのアイテムをふんだんに使った愛着のある家ですか?

実は上記は、札幌市に隣接する石狩市の木造住宅の技能者集団「丸三ホクシン建設」が事務所の向かいに、平成28年春にオープンした常設モデルハウスの写真です。今回は、見どころ満載、家作りのヒントがつまったモデルハウスの魅力を一部皆さんにご紹介します。


●常設モデルハウスを建てた理由


家造りを学びたい若手大工が「あの工務店の現場は腕を磨ける!勉強になる」とその門を叩くという石狩市の木造住宅の技能者集団「丸三ホクシン建設」。
 年に数回、施主の協力を得て開催されるオープンハウス(内覧会)には、丸三ホクシン建設の住まい造りに興味を持った方々がたくさん訪れ、明日の我が家のイメージを膨らませ、スタッフに住宅に関する様々な相談ができる場として好評を博しています。
 
しかし、丸三ホクシン建設には2つの悩みがありました。


その1 事務所が手狭!


丸三ホクシン建設は毎年、たくさんの住まいづくりを行っています。事務所は、設計者をはじめ社内スタッフの業務だけでなく、オーナーと設計、大工さんとの打ち合わせで賑わいます。また建材店や住宅業界関係者など様々な来客もあります。事業規模の割に手狭な事務所...。オーナーと落ち着いた環境で打ち合わせができる場所が欲しいという願いがありました。


その2 家づくりの魅力、選択肢をもっと伝えたい


 丸三ホクシン建設は、お施主様の協力を得てオープンハウスを開催することで、同社の特長である、大工さんの技量の高さや、自然素材をふんだんに使った心地良い家づくり、住宅の断熱・気密・暖房、自然エネルギー活用法などを伝えています。
 とはいえ、オープンハウスは毎日開催することはできません。住宅のデザインや間取り、素材、造作家具、設備、予算など家づくりをオーナーとともに、しっかりイメージして決めていくには、いつでも、何度でも実際に見て、触って、体感できる家が欲しい...。

 そんな課題を解消すべくモデルハウスをオープンしたのです。では早速、モデルハウスの魅力を見ていきましょう。丸三ホクシン建設の事務所から道路一本挟んだ向かいに常設モデルハウスはあります。
hokushinmodel (1).jpgまず外観です。壁掛けの太陽光発電と太陽熱温水器が設置されています。太陽光発電パネルは屋根の上に設置することが多いですが、パネルの上に雪が積もってしまうとほとんど発電しません。暖房エネルギー消費の多い冬にこそたくさん発電できるように、壁掛けを採用しました。このモデルハウスは太陽光発電や太陽熱温水器、さらに地中熱ヒートポンプや蓄電池、ガスなどを暖房、給湯などに採用しています。目指すは発電した電力を「売電」ではなく自宅で使う「光熱費ゼロ」「オフグリッド」の住まいです。エネルギー自給や再生エネルギー、自然エネルギーの住宅、ネット・ゼロ・エネルギーハウス(ZEH)など住宅の省エネ・環境負荷低減に関心がある方にとってこのモデルハウスは参考になるポイントがたくさんあります。
hokushinmodel (2).jpgまた、このモデルハウスは市街地の50坪ほどの敷地に建っています。都市型で利便性も良い暮らしを望む場合は、敷地面積が狭く隣家とも近い、駐車スペースも家族用、来客用の2台分が必要となるなど制約が増えます。でも、例えば約1㍍の空間を、枕木や植栽などで演出するなど、狭い空間も上手に活かしたいろいろな工夫が可能です。
hokushinmodel@ (2).jpg隣家との境は壁で仕切り、視線を適度に遮りました。コンクリート製の壁は木目の風合いを持たせました。
hokushinmodel (3).jpgのサムネール画像レンガで作った散水栓や基礎立ち上がり部分の左官仕上げが可愛らしい雰囲気。
hokushinmodel (4).jpg札幌軟石や植栽、苔類などを使い狭い空間でも自然を感じる空間を演出できます。
hokushinmodela.jpg 玄関を開けると広い土間に薪ストーブが鎮座しています。耐熱・遮熱用の壁は江別産のアンティークレンガです。
薪ストーブからは天井に向かって太い黒いパイプが伸びています。なぜこんなに太いかというと、薪ストーブから出る排気が持つ「熱」を吸収し、給湯用の熱源として無駄なく使うための熱交換器がパイプに付いているためです。なおこのモデルハウスでは、地中の熱も地中熱ヒートポンプを使って取得し、暖房の熱源として無駄なく使っています。
hokushinmodel (6).jpgリビングの開放感と明るさ。2つのテーブルは大工さんの造作です。
一階は土間、リビング、キッチン、食品庫、トイレがあります。
hokushinmodelb.jpg浮造りの床は足裏からの感触が心地良いのが魅力。裸足で歩いてみることをオススメします。オーダーの大きな木製窓は、大人が立ち上がった高さよりやや低い位置にあるため、塀と連動して適度に視線を遮り、でも明るい陽射しを室内に呼び込みます。
hokushinmodel (9).jpgキッチンは実用性と美しさを兼ね備えたオーダー品です。
hokushinmodelc.jpg料理など家事のしやすさ、食器や調理道具の収納力、お掃除のしやすさなど、オーナーの要望も多い部分です。コストを抑えつつキッチン背部に造作収納をふんだんに作るなど、家具屋さんの技術力が発揮される部分でもあります。
hokushinmodel (18).jpgキッチンや冷蔵庫の中に、かさばる食材や調味料がたくさんあると、どうしても収納量不足になり雑然としがちです。お米や調味料、缶詰や飲料、おイモやタマネギなど、15℃程度でも保存可能な食料品は思いの外たくさんあるものです。そこでガレージ、玄関、キッチンを結ぶ中間の位置に地中熱を利用した冷房パネルを設置した保冷庫を設けました。
hokushinmodel (12).jpg次は2階にも行ってみましょう。
hokushinmodel (13).jpg 階段を上るとホールがあります。家族が増えると間仕切りを足して一部屋増やすこともできます。ちょうど窓から暖かな陽射しが・・・。
hokushinmodel (16).jpg書斎?子ども部屋?ウォークインクローゼットのある個室です。塗り壁や現しの天井などがどのようなものか、実際に見て感じることができます。
hokushinmodel (14).jpgお風呂まわりも見てみましょう。造作の洗面台まわりはあえて集成材の天板を使っています。無垢材より安価な素材も実際に触れてみて、その上でどの素材を選ぶか、、、。コストや性能、意匠面で比較検討できるようになっています。
hokushinmodeld.jpgお風呂のドアを開けるとヒバの香りと、木材のやわらかい感触。そして窓から感じる陽射しやバルコニーの植栽と気持ちの良い風・・・。写真では何とも伝えきれない魅力がありました。
hokushinmodel (19).jpg22枚の写真と記事で、何とかモデルハウスの魅力をお伝えしようとしましたが、やはり実際に素材に触れ、空間の中で過ごし、省エネや創エネの技術などの説明を受けないと丸三ホクシン建設の住まいづくりの魅力は十分に分からないと思います。

このモデルハウスは予約制ですが、電話かメールで申込みいただければ見学できますし、ホクシン建設で我が家のプランを検討中のタイミングにも何度も見ることができます。

この写真は首藤一弘社長と娘さん。首藤社長をはじめ、同社の設計、施工を担うスタッフは住まい作りでオーナーと打ち合わせを重ねることが大好き。納得の住まいづくりを実現するためには時間を惜しみません。撮影を行った日も平日でしたが、20時を過ぎてもオーナーとの打ち合わせが行われていました。hokushinmodel (21).jpg
モデルハウス見学ご希望の方は、
メール info@hokushin-k.jp 
宛てに、お名前、見学希望日時、住まいづくりのご相談内容、電話番号などを書いてお送りいただくか、
電話 0133-73―0714 までお問い合わせください。
丸三ホクシン建設のモデルハウスは
石狩市花川南5条2丁目4番地
にあります。

写真:本田写真事務所

丸三ホクシン建設のホームページはこちら http://www.hokushin-k.jp/
自慢の大工さんたちの紹介はこちら http://www.hokushin-k.jp/introduction/
これまでの施工事例集はこちら http://www.hokushin-k.jp/works/
オーナーの住まいづくり体験談はこちら http://www.hokushin-k.jp/our_design/
建築家とコラボした物件の記事はこちら http://www.hokushin-k.jp/collaboration/

(株)丸三ホクシン建設の企業データ

作品例

編集部からの一言

社員全員が大工。施工精度向上のため技能者育成を重視している
顧客ニーズに最大限応えるために設計・プランニングは複数の外部建築家と共同し実施する方針
光熱費ゼロ住宅を提案できるように、と社長自ら「光熱費ゼロ住宅」で生活中
日本建築大工技能士会で大工育成のボランティア活動を続けている

建築総額の傾向

良い大工を育て、優れた建築家と連携する家づくり

株式会社丸三ホクシン建設は1974年に先代社長首藤喜四男氏が創業し、現在は2代目の首藤一弘氏が社長を務める石狩市・札幌市を主な対象とする地場工務店。設計は建築家、施工は腕の良い大工さんがいる工務店に頼みたいと考える方にはお勧めできる工務店です。

[記事全文を読む]

会社情報

企業データ

昭和49年設立 資本金1000万円 
施工エリアは札幌市内・石狩市・小樽市・北広島市・恵庭市・千歳市、その他札幌圏

社内体制

社長1名・大工7名(棟梁2名・帳場1名)

過去の実績

過去3年間では合計新築約22棟 リフォーム工事も含め年間3億円前後

社名 株式会社丸三ホクシン建設
住所

〒061-3204
石狩市花川南4条2丁目101番地

TEL 0133-73-0714
FAX 0133-73-9418
HP https://www.hokushin-k.jp/

アクセス

この企業の記事一覧

住宅会社の施工力・大工育成法!

住宅街なのに、森の中の別荘気分で暮らす。 江別市/Mさん

見て、触れて実感! 丸三ホクシン建設がモデルハウス公開

家の前からすぐ登山!自然大好きなご夫婦の家

キッチンが家族を結ぶ。やわらかな光が注ぐ3階建ての住まい

素材感と機能性・住宅性能に妥協なし ~3階建ての2つの住まい

「素材を感じる住まい」札幌西区山の手のオープンハウスが大好評

新築住宅のオープンハウスは「聞きたいことが聞ける」チャンス

オーダーのキッチンやテーブルも魅力。コンパクトで暮らしやすい我が家

自然素材、スキップフロア、大工の腕。見どころいっぱいの住宅

小樽の景色、江別産レンガ。自然大好き家族の我が家

山小屋風の自由で上質感漂う住まい

大きな窓から光が降り注ぐ、開放感いっぱいの家 札幌市北区 Yさん

バイク部屋のある家 M邸 丸三ホクシン建設

理想の家は「小さな家」。重要なのは工務店との意思疎通

木のもつ優しさ・・・無垢材に包まれる暮らし 札幌市・Yさん

狭小地に空を望む家 札幌市・Yさん

海を臨む、家族が一つにつながる家 小樽市・Kさん

古民家の風合いと最新の住宅技術。建具や家具、照明にもこだわった家

子供たちも大工の技に感動!札幌技能フェス

みんなで作った小さなわが家5 ありがとう!家づくりの仲間たち

みんなで作った小さなわが家4  立ちはだかる「予算の壁」

みんなで作った小さなわが家3 「あれよあれよ」と土地入手

みんなで作った小さなわが家2 いける?いけぬ?頼みの綱「建築家」

良い大工を育て、優れた建築家と連携する家づくり

みんなで作った小さなわが家1 物件探しで夫婦再発見

ブログ新着記事

今週末23日、24日は 秋のオープンハウスです。
大変お待たせいたしました!!今週末は宮の森にてオープンハウスです。 宮の森は大変人気のある地域。とて17年09月20日
ブログ
スマホ対応にして嬉しかったこと(^^)&予告
今月よりホクシンホームページがリニューアルされました! 内容もさらに充実!!『自慢の大工』では大工さ17年09月08日
ブログ
たのしくお庭づくり(^^)
緑も色づき、歩いていても色鮮やかなお花も目につくようになりました。札幌ではライラックまつりが開催され17年09月05日
ブログ
ホクシン建設ウェブサイト リニューアルのお知らせ
いつも弊社のウェブサイトをご訪問いただき、誠に有難うございます。この度、9年ぶりにウェブサイトを全17年08月29日
ブログ
3月のオープンハウス!夢いっぱいの家づくり
2月もあれよあれよと終わり、足早に通り過ぎようとしているホクシンさん。 現場もどんどん進み、3月のお17年08月17日
ブログ
企業情報を見る
このページの先頭へ