札幌良い住宅.jp ホーム > イゼッチハウス北海道株式会社 > 共働きの家事をラクにする家。年間光熱費16万円以内のYさん宅/イゼッチハウス北海道

共働きの家事をラクにする家。年間光熱費16万円以内のYさん宅/イゼッチハウス北海道

イゼッチハウス北海道株式会社

| オーナー体験談 | 断熱・省エネ・zeh | 2016.04.20

光熱費が少なく済み、環境にもやさしい省エネ住宅をつくり続けているイゼッチハウス北海道(大洋建設)。今回は、同社が行った昨年度の超省エネ大賞で2位に輝いた共働きのご夫婦、Yさん邸におじゃましました。

※(株)大洋建設は2017年7月からイゼッチハウス北海道(株)のグループ中核企業になりました。

Yさん邸は、ヒートポンプ暖房とエコキュートを使用。2015年の年間電気料金が、なんと15万円台だったとか。冬季で暖房を止めて寒さに我慢したわけでもなく、この金額で済むとは驚きです。

2人ともフルタイムだから家事を分担して

2016_04taiyou_K.jpg

ご主人も食器を洗ったり朝ごはんをつくったりと、家事を分け合っているYさんご夫婦。休みの日は普段できない家事がメインになりますが、お二人でホッとできる時間も大切にしているそうです。

結婚するときから、一戸建てを考えていたというご夫婦。土地も含めて自分たちの財産になること、マンションは、管理費など月々にかかるコストが気になったことが理由です。
そんなYさんご夫婦が望んだのは、光熱費が安く済む、暖かな高性能の家。また、お二人とも共働きのため、家のお掃除がラクで済む、段差のないすっきりとした間取りの設計を希望しました。

2016_04taiyou_L.jpg

性能の良い家と聞いてイゼッチハウス北海道(大洋建設)を訪ねたところ、希望を聞いてくれた上で「お持ちのご予算ですと、これぐらいの家ができますよ」と、その場でしっかりと答えてくれたことに信頼感が持てたといいます。

洗濯・物干し・収納をラクにする動線

2016_04taiyou_UT.jpg

家事の手間や時間を減らし、動きやすい間取りを希望したご夫婦に、イゼッチハウス北海道(大洋建設)さんはキッチンから洗面台、バスルームなどの水回りが直線に並んだプランを提案しました。実際に使いやすいとお二人に好評です。

2016_04taiyou_DR.jpg

こちらは、奥さんが希望した洗濯スペース。寝室や個室のある2階に設けているので、洗濯物が乾いたら階段を上り下りせず、サッと部屋に持っていけます。洗濯機は扉の中に収納してあるので、扉を閉めれば部屋として使えるのもポイント。

生活スペースは広々すっきり、収納はたっぷりと

2016_04taiyou_LD.jpg

1階のLDKは余計なものを置かない分、いっそうの広がりを持った空間になっています。暖房はご夫婦の希望で床暖房と、補助暖房にエアコンを設置しました。「私の実家はパネルヒーターなんですが、パネルラジエーターにたまるホコリを掃除するのがあまり好きじゃないんです。床暖房はヒーターが露出しないし、エアコンはセルフクリーン機能があって助かっています」と奥さん。
日常のお手入れは、細かいところほど、特に女性にとってはストレスになるもの。普段はお仕事で忙しい奥さんの、お掃除の手間をなるべく減らす工夫が生かされています。

2016_04taiyou_GH.jpg

リビングやお部屋をすっきりとさせるために、Yさん邸では収納も多く設けました。玄関にも大きな収納スペースがあり、服や靴などをたくさんしまっておくことができます。

光熱費のかからない暖かな家が希望だった

2016_04taiyou_gaikan.jpg

光熱費の節約について、Yさんは「電気代の安くなる夜間の時間帯を、なるべく利用するように心掛けたぐらい。それに、夫婦2人だし共働きですからね。もともと大洋さんは性能の良い家ですから、あまり特別なことはしていないんですよ」と話します。

イゼッチハウス北海道(大洋建設)の標準仕様「ハイブリッドハウス」は、住宅の断熱性能を表すQ値が0.9以下、気密性能を表すC値も0.6以下ときわめて高性能な家。2015年からはすべての窓に「トリプルサッシ」を採用しています。
これらの断熱性能と、ヒートポンプ暖房・給湯機や熱交換換気システムなどの省エネルギー機器を採用することで、普通に暮らして暖房・給湯・調理・家電などすべての年間光熱費が20万円前後。超省エネ住宅大賞2位のYさん宅は、16万円以内で収まりました。
こうした断熱・気密に優れた家を建てている会社であることが、Yさんがイゼッチハウス北海道(大洋建設)さんを選んだ大きな決め手にもなりました。
札幌市から「さっぽろ環境賞」を受賞するなど、同社の取り組みは公的にも評価されています。

和室にガーデニング、我が家ならでの時間を楽しむ

2016_04taiyou_wa.jpg

ご夫婦のお気に入りは、リビングとひと続きになった和室。玄関にもつながっていて、反対のリビング側は3枚のスライドドアで区切れるようになっています。「普段は、リビング側は開け放して使っています。やはりゴロッとできるスペースがあるのはいいですね」とYさん。お客さまが泊まるための部屋にも使っているそうです。

2016_04taiyou_L-out.jpg

また、お二人が楽しみにしているのが、春からのガーデニング。取材当日はまだ雪が積もっていましたが、四季折々の花が咲くガーデンプランを専門の会社に依頼しているそうです。「ちょっとした土いじりをするのが楽しみですね。植物も、ハーブなど虫に強く手入れのかからないものを選んでもらいました」。お庭が広めなので、野菜を収穫する家庭菜園もつくっていきたいとも。

「本当に、良い家を造ってもらったと思っています。イゼッチハウス北海道(大洋建設)さんはコストパフォーマンスの高さも魅力ですね。ハウスメーカーでは、同じ金額ではつくれなかったと思います」とYさん。ご夫婦のスマートな考えとイゼッチハウス北海道(大洋建設)さんの相性は、ぴったりと合っていたようです。

記者の目

共働きでの生活は、家事の軽減も大きなポイント。忙しい中でもスムーズに生活できる設計、そして無駄な支出を減らせる住まい。ダブルインカムのご家族にとって、Yさんご夫婦のライフスタイルはかなり参考になるのではと思いました。

イゼッチハウス北海道株式会社の企業データ

作品例

編集部からの一言

光熱費負担が小さい家でお客さまにたくさん喜んでいただくため、断熱や蓄熱などさまざまな技術を取り入れる。基礎工事から仕上げまで、すべてを直営で工事し、品質を常に一定に保つ努力を続ける。

※(株)大洋建設は、地球環境保護と家計負担の削減を進めるため、光熱費ゼロ生活(収支ゼロ)を実現する住宅会社を目指し、2017年7月からイゼッチハウス北海道(株)のグループ中核企業になりました。

建築総額の傾向

会社情報

企業データ

設立年:1992年(社名変更2017年)
資本金:3650万円
施工エリア:札幌市・近郊、砂川、余市、千歳
定休日:毎週水曜・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク

社内体制

営業5人、設計3人、現場管理4人、社員大工4人、アフターサービス専任1人、全22人(2015年12月)

過去の実績

2016年:48棟
2015年:47棟
2014年:48棟
(大洋建設)

社名 イゼッチハウス北海道株式会社
住所

札幌市東区北43条東19丁目2-2 大洋ビル2F

TEL 011-780-1008
FAX 011-784-1009
HP https://zeh.jp/

アクセス

この企業の記事一覧

ブログ新着記事

注文住宅は難しい?~模型の効果
初めて家を建てる人にとって注文住宅はわかりづらいものです。レストランやカフェのお店ではわかりやすくメ18年02月06日
ブログ – イゼッチハウス北海道株式会社
この冬一番の寒さ
通勤途中の風景。車の外気温計はマイナス18度!東米里の廃棄物処理場横のポプラ並木が樹氷になっていまし18年02月05日
ブログ – イゼッチハウス北海道株式会社
北広島モデルハウスより、宿泊体験どうでしたか?
北広島では今週も寒さが厳しくなり先日はマイナス15℃まで気温が下がりました来週から雪祭りも始まります18年02月03日
ブログ – イゼッチハウス北海道株式会社
住宅ローン控除と消費税
営業の富樫です。最近寒い日が続いておりますが、皆様いかがお過ごしでしょうか。当社事務所の向かえになり18年01月25日
ブログ – イゼッチハウス北海道株式会社
電気?ガス?灯油?のどれ?
こんにちは!最近ニュースでガソリン価格の値上がりの話をよく聞きますよね。13週連続で値上がりしていて18年01月19日
ブログ – イゼッチハウス北海道株式会社
企業情報を見る
このページの先頭へ