札幌良い住宅.jp ホーム > イゼッチハウス北海道株式会社 > 年間の光熱費が合計で16万円!? イゼッチハウス北海道の超省エネ住宅セミナー&超省エネ大賞

年間の光熱費が合計で16万円!? イゼッチハウス北海道の超省エネ住宅セミナー&超省エネ大賞

イゼッチハウス北海道株式会社

ライター 高橋明子 | 家づくりの基本 | 断熱・省エネ・zeh | 2016.03.01

イゼッチハウス北海道の本気度100%「超省エネフェア」

2016_03taiyou_fair01.jpg 2016年2月6日、7日の2日間、LIXILショールーム札幌でイゼッチハウス北海道さんの「超省エネフェア」が行われました。参加者には5キロのお米とお子さん向けに大きなお菓子セットがプレゼントされ、会場内はご夫婦やご家族連れでにぎわいました。

2016_03taiyou_fair02.jpg

札幌市が推進する世界でも厳しい札幌版次世代住宅基準の「スタンダードレベル」に相当する家を、標準仕様として手掛けるイゼッチハウス北海道さん。パッシブ&無暖房住宅に向けて、ゼロエネルギーハウスを大学と共同研究するなど、エコで快適な住宅づくりに熱意を持って取り組んでいます。

2016_03taiyou_jusho01.jpg

取材に訪れた7日は、イゼッチハウス北海道さんのオーナー向けに行われる第3回「超省エネ大賞」授賞式がありました。1年間の電気使用量が少なかった5世帯のオーナーには、表彰状ほか副賞として計70万円が鏡原社長から贈られました。

2016_taiyou_jusho.jpg

〈受賞者の皆さん〉

 
1位に輝いたAさんのお宅でかかった光熱費(電気料金)は、年間でわずか11万円! 延床面積1平方メートルあたりで50kWhという、まさに"超省エネ"です。
「夜間の電力をなるべく使うようにしたぐらいで、普通に生活していましたし苦労もありません」とAさん。「鏡原社長に言われた通り"魔法びんのような家"ですごく暖かいです。それに、この家は夏も涼しい! 扇風機も1回使ったかどうかですね」。
2位以下のご家族も、「使わない電気はなるべく消す」といったような無理のない生活で、それよりも、大洋で建てた家そのものが暖かい造りであることをうれしそうに話していました。

家計をラクにするエコな家づくりが分かる!

2016_03taiyou_fair03.jpg

鏡原社長の「イゼッチハウス北海道の4つのこだわりと4つの安心」ミニセミナーです。さまざまな工夫でコストをかけすぎずに、札幌次世代基準スタンダードレベルの高性能な家がつくれる仕組みと、実際に光熱費がどのぐらい節約できるのかを、車の燃費になぞらえて分かりやすく説明。ほかにもメンテナンス費用や火災保険が安く済むワケや、地震や火災、虫の侵入や屋根の落雪にも強い家の構造に、来場者の皆さんは真剣に耳を傾けていました。

2016_03taiyou_fair04.jpg

ほかにも、イゼッチハウス北海道が採用しているトリプルサッシ窓や、ヒートポンプ暖房ボイラー、エコジョーズのミニセミナーもありました。「聞いたことはあるけれど、よく分からない」という人にも、メーカーの担当者が、理解しやすくレクチャーしてくれます。実際のコストパフォーマンスなど具体的な話が聞けるのもありがたいところ。

2016_03taiyou_fair05.jpg

セミナー後には、それぞれの相談コーナーも設けられていました。

聞いてみたら普通のオーナーでも光熱費が安かった!

2016_03taiyou_fair06.jpg

会場に来ていたMさんご夫婦にお話を伺いました。ご夫婦とも20代ですが、すでにイゼッチハウス北海道さんの家を新築してお住まいになっています。「全体があったまっている感じで心地いいですよ。今は真冬ですけど、先月の光熱費は月2万円で済みました」。
なぜイゼッチハウス北海道さんに?とお聞きしたところ「スタッフの方の印象が良かったんです。ほかの会社は押しが強い感じでしたけれど、大洋さんは『どんな家が理想ですか』と、まず私たちの希望を聞いてくれました」と答えてくれました。

2016_03taiyou_morino.jpg

さらに当日は、イゼッチハウス北海道(当時の社名は大洋建設)の新しい企画型住宅として、自然素材を使ったナチュラルモダンの「杜のいえ」が発表されました。

どのようにしてイゼッチハウス北海道さんが高性能な家をつくっているのか、そして実際に住む人の光熱費までが分かってしまうこの超省エネフェア、来年も同時期に開催されるそうです。また、オーナーの家を巡るバスツアーを3月末と5月下旬に企画しているそうなので、興味がある方はイゼッチハウス北海道さんのHPをのぞいてみてはいかがでしょうか。
イゼッチハウス北海道ホームページ http://taiyoukk.com/

イゼッチハウス北海道株式会社の企業データ

作品例

編集部からの一言

光熱費負担が小さい家でお客さまにたくさん喜んでいただくため、断熱や蓄熱などさまざまな技術を取り入れる。基礎工事から仕上げまで、すべてを直営で工事し、品質を常に一定に保つ努力を続ける。

※(株)大洋建設は、地球環境保護と家計負担の削減を進めるため、光熱費ゼロ生活(収支ゼロ)を実現する住宅会社を目指し、2017年7月からイゼッチハウス北海道(株)のグループ中核企業になりました。

建築総額の傾向

会社情報

企業データ

設立年:1992年(社名変更2017年)
資本金:3650万円
施工エリア:札幌市・近郊、砂川、余市、千歳
定休日:毎週水曜・祝日・年末年始・ゴールデンウィーク

社内体制

営業5人、設計3人、現場管理4人、社員大工4人、アフターサービス専任1人、全22人(2015年12月)

過去の実績

2016年:48棟
2015年:47棟
2014年:48棟
(大洋建設)

社名 イゼッチハウス北海道株式会社
住所

札幌市東区北43条東19丁目2-2 大洋ビル2F

TEL 011-780-1008
FAX 011-784-1009
HP https://zeh.jp/

アクセス

この企業の記事一覧

ブログ新着記事

世界の再生エネルギー事情
夏が待ち遠しい営業部千葉です。今回は、先日記事に掲載されておりました海外の「再生エネルギー」について18年05月22日
ブログ – イゼッチハウス北海道株式会社
ドロボウさんが嫌がる住宅とは・・・
営業の富樫です。ここ数日、温かい日もあれば肌寒い日もありまして気温の変動が激しいですが、皆様いかがお18年05月19日
ブログ – イゼッチハウス北海道株式会社
広い吹抜けから差し込む日差しとオープンキッチン
桜もそろそろ終わりになって太陽の日差しが暖かくなってきました。建築中だったお客様のご自宅がめでたく完18年05月15日
ブログ – イゼッチハウス北海道株式会社
家相について理解しよう。札幌工務店発信、先人の知恵から学ぶもの
ブログ更新をしばらく様子見していたら、気が付けば1か月弱が経過する事になっていた。更新が少ない事に頭18年05月14日
ブログ – イゼッチハウス北海道株式会社
長さ・広さの謎 ~尺・坪ってなんだ?~
人生初のブログにチャレンジ中のイゼッチハウス北海道設計部の会津と申します。社内で随一の体重を誇る自称18年04月23日
ブログ – イゼッチハウス北海道株式会社
企業情報を見る
このページの先頭へ