札幌良い住宅.jp ホーム > 晃和住宅(株) > 太陽光発電でエコ&室内はウッディな心地よさ/晃和住宅のオープンハウス

太陽光発電でエコ&室内はウッディな心地よさ/晃和住宅のオープンハウス

晃和住宅(株)

ライター 高橋明子 | バリアフリー | ペットと暮らす | 女性担当者・専門家 | 断熱・省エネ・zeh | 自然素材 | 2014.03.31

春分なのに、またもや冬に逆戻りしたかのような3月21日、雪道を踏みしめながら晃和住宅さんの完成見学会に行ってきました。場所は札幌市手稲区で、量販店やスーパーなどが立ち並ぶメインストリートから、少し入った閑静な住宅街です。


140321kowa_1_gaikan2-1r.jpg
外壁やフェンスに道南杉を使った、落ち着きのある佇まいの家。
三角屋根には、オーナーさんご夫婦が希望したという太陽光発電パネルです。より日光を効率的に集められるように方角や位置、屋根の傾斜までが計算されています。


140321kowa_terrace_r.jpg
発電パネルを設置した屋根の下には、インナーテラスがあります。雪が落ちても窓や玄関をふさぐ心配がなく、夏は雨の日でもアフタヌーンティーを楽しめそう。屋根からの落雪をためておける庭も確保したので雪かきの心配もありません。反対側の屋根は無落雪仕様です。


140321kowa_2_kitchen_r.jpg
今回案内してくださったのは、住宅事業部の杉林さん。とてもナチュラルでお話ししやすい方です。「パイン板に自然素材のワックスを塗る作業は、ご施主さんがされたんですよ」と杉林さん。「私も一緒に塗らせていただきました」と当時の様子を楽しそうに語ってくれました。
オーナーさんは、しっくいの壁塗りにもチャレンジされたそうです。家づくりに参加することで、いっそう自分の住まいに愛着がわきそうですね。


140321kowa_3.living_r.jpg
対面キッチンの前には、広々としたリビングスペースがあります。この家はオール電化で、太陽光発電で余った電気は売却もできて光熱費もリーズナブル。
 
また、土壌蓄熱式輻射床暖房の「サーマスラブ」を採用しているため、室内のどこにいてもほんわりとした暖かさを感じます。オーナーさんご夫婦は小型犬を飼っているそうですが、これならワンちゃんもストレスフリーで過ごせそう。
テーブルから見上げると、大きな吹き抜けがあります。これまたウッディな眺めで癒されるんですよね。
 
 
140321kowa_4_lookindown2-2r.jpg
こちらが2階吹き抜けから下をのぞいたところ。どうです?広々としているでしょう。画像では見えませんが、収納棚も壁面にぴったりと沿っていて見た目もすっきり。ドアも引き戸を使い、段差もほぼゼロのバリアフリーです。
 
また今回の住宅は、長期優良住宅の認定を受けています。省エネ、耐震、メンテナンス性など国が定める多くの条件をクリアした高品質な住宅なんだそうです。これなら安心して長く住めそうですね。
 
 
140321kowa_5_secondfloor2-1r.jpg
こちらが2階です。廊下側には天窓も付いていました。三角屋根のため傾斜があり、ちょっと山小屋風でもあります。各部屋は使い勝手の良いように区切られ、斜め天井が心地いいですね。
断熱材で家全体をすっぽりと包む「外断熱工法」で施工したため、このように室内は構造材をそのまま見せる「現し」仕上げが可能になりました。空間をより広く使うことができる上、この現しになった木材の端正さにも魅せられてしまいます。
 
偶然にも、基本設計を手掛けた建築家の井上武久さんが来訪!。
「現し」の技術について聞いてみると、例えば普通の住宅で使用する「間柱(まばしら)」(柱と柱の間に平行して立てる細い柱、普通は壁を張るので隠れます)は、この家では使っていないそうです。そういった気がつかない配慮が、さすが建築家です。
一方で、建物として十分な強度を持つ必要もあるわけで、こうした「現し」の美しさの裏には構造の緻密な計算と設計のセンスが問われるのだなあ、と実感しました。

ドアの開く音、新しい見学者の方が来られたようです。
晃和住宅さんのモデルハウス前を通りかかって以来、ずっと気になっていたというご夫婦。HPでこちらを知ったとのことでした。木の家の良さ、断熱のこと・・・次々に話が盛り上がっています。本当は写真を撮らせていただきたかったのですが、そっとおいとまさせてもらいました。
ちなみに、この夏ごろには晃和住宅さんの新しいモデルハウスもできるようですよ!

晃和住宅(株)の企業データ

作品例

編集部からの一言

昭和58年創業、札幌の中堅ビルダー晃和住宅は、ナチュラル系デザインもモダン系デザインも得意。建築家とのコラボもOKで、自由度の高い家造りが特徴です。


(一社)新木造技術研究協議会(新住協)、Newソトダン住宅研究会、リベラル事業共同組合のメンバーでもあり、現場の第一線で駆け回る社長と、親しみやすいスタッフが自然体でお客さまに接し、暖かく、暮らし心地の良い家づくりを心がけています。

建築総額の傾向

性能訴求&デザイン志向のバランス型工務店

 晃和住宅は、昭和58年に、大工でも建築士でもない「素人だった」という小川敏夫氏が住宅会社の社長に就任することから開始。以来25年間で、約300棟の実績、社員10名、さらにモデルハウス展開なども行う地場中堅ビルダーに成長した。

[記事全文を読む]

会社情報

企業データ

昭和58年設立 資本金2000万円 
施工エリアは札幌圏を中心に苫小牧や小樽、余市、恵庭など

社内体制

社長・施工管理3名・設計3名・営業2名・事務2名(女性は10名中2名)

過去の実績

累計400棟 過去3年間では合計新築約40棟。

社名 晃和住宅株式会社
住所

〒001-0915
札幌市北区新琴似町1021番8

TEL 011-766-3373
FAX 011-766-3383
HP http://kowahouse.com/

アクセス

この企業の記事一覧

アウトドア感覚で住むDIYしやすい木の家 札幌市・Oさん

ニセコの自然に溶けこむ、"Happy"な三角屋根の家/ニセコ町・Rさん

夫婦でアレンジしたインテリアや雑貨が映える、シンプルで上質な住まい/千歳市Mさん

札幌から90分。自然に囲まれた暮らしを。カフェ・美容室併設のこだわり住宅/真狩村・秦さん 晃和住宅

海の街・小樽に似合う白壁の3階建て住宅

木のぬくもり溢れる"育てる"家 北広島市大曲のオープンハウス 晃和住宅

晃和住宅の二世帯住宅、事務所兼住宅の実例まとめ(連載3)

建物価格1800万円以下のモデルハウス2棟公開!

機能的で美しい。晃和住宅の「シンプルモダン系」住宅3事例(連載その2)

木造住宅の魅力満載。晃和住宅の「ナチュラル系」住宅3事例(連載その1)

エルメスカラーの道南杉がステキな晃和住宅のオープンハウス

ムダのないゆとり設計の家でほっこり♪/晃和住宅のオープンハウス

太陽光発電でエコ&室内はウッディな心地よさ/晃和住宅のオープンハウス

柱や梁をそのまま見せてウッディな空間に!晃和住宅の完成見学会

海を見下ろす高台の家を自然素材でリフォーム 小樽市・Mさん

設計事務所とのコラボで難条件克服!手稲前田の新モデルハウス

手の届く価格で欲しかったスペースが実現!手稲曙のモデルハウス

愛車のためのスタイリッシュな空間/札幌市・柿崎さん

性能訴求&デザイン志向のバランス型工務店

ブログ新着記事

現場状況 こんな感じです
虻田郡、勇払郡にて現場進行中です   18年11月18日
晃和住宅スタッフブログ
自社物件 ご案内
自社物件です(ネット未公開)下記の場所で気になる方がおりましたら、詳しくはお問い合わせください札幌市18年10月14日
晃和住宅スタッフブログ
現場状況 こんな感じです
施工エリアてどうなのでしょうか?そういう方もいらっしゃるかと思いますがお客様との繋がりを大事にしてい18年10月13日
晃和住宅スタッフブログ
北海道地震による、被害によるご連絡、お問い合わせについて
この度の北海道の地震、台風で被災をされた皆さまに、心よりお見舞い申し上げます。現在複数のご連絡を頂い18年09月10日
晃和住宅スタッフブログ
台風21号の影響による、お問い合わせ
昨日の台風の影響により 外部の補修等のお問い合わせが入っております 順次対応しておりますが、状況把18年09月05日
晃和住宅スタッフブログ
企業情報を見る
このページの先頭へ