2018年01月29日(14:25)

盛岡駅で乗り継ぎ待ち

1月27日土曜日に千歳空港を発って秋田に降り立ち、土曜、日曜の2日間、弊社・栗原くんといっしょにオーナーさま取材2件、その他の取材を終わらせ、今日・1月29日は栗原くんが札幌に帰りましたが、ボクは秋田新幹線で大曲から盛岡に移動。ここでスターバックス→ランチ→タリーズとハシゴしながら仕事を進めています。
 
このあとは夕方に二戸に移動して90分ほどのプレゼンを行う予定です。
 
ホームページ上で工務店さんの魅力を伝えようとする場合、使えるのは文字と写真です。音やニオイや空間は使えません。
当たり前です。
ところが、じつは音やニオイや空間は、とてもたくさんのことを伝える力があります。
例えば、「それはダメ」と誰かが話すとき、その声、その間、アクションによってまったく違う受け取り方になります。
早口は冷たい印象、ゆっくり口調は諭す印象、大声は威嚇的。
 
そういった空気感をどうやって伝えるかを考える取材でもありました。

2018_0129inds.jpg
 
この写真は取材先を出る直前にふと見上げた分電盤に興味を持ち、いろんな角度から撮った写真のうちの1点です。
気を引いたのは見たこともないブレイカーでした。
かなり古い、しかもシンプルで歴史を感じさせる。
社長に聞くと、生まれる前からあった作業場の、いまは使っていない3相のブレイカーとのこと。
動力用だったのではないでしょうか。
 
これをとにかくかっこよく写真に撮りたかった。
何かに使う目的があったわけではないのですが、この写真は工務店の歴史をかっこよく伝えられるのではないかと思ったのです。
 
50年という歳月、その間の人の営み、3相電源の先進性。こういった伝えにくい空気感を、この写真は伝える力があると思いませんか。
ファクトリー&インダストリアルな流行ど真ん中でもあります。
 
信用とか歴史は伝えにくいですね。だからブランディングが必要なのですね。
 
さあ、あと1時間少々で出発です。

カテゴリ:出張 |

コメント

コメント

PROFILE

編集長 白井 康永

家づくりを変えたいという野望を持ち、北海道住宅新聞、札幌良い住宅jp を中心に、少子化の激流のなかでわれわれが日本を導きます.時にひょうひょうと(笑).
北海道・札幌市生まれ56歳、血液型O型.娘2人が就職、息子がようやく大学に進みました.日本って学費かかりすぎ.休日にやってること:のろまジョギングとテレマークスキー.

月別アーカイブ