ホーム > 編集長コラム > 2016年7月

2016年07月31日(16:53)

旧中湧別駅、エゾリス、聖ミカエル教会、鎌田先生と鈴木所長。ボクの7月

今日は朝から汗かきまくりでした。
朝ランは11kmでバテバテ。走り込み不足のため冷却システムが不十分でオーバーヒート気味。走り終わっても汗が引かず。朝食後は草刈りへ。こちらも汗だくで、水分とミネラル不足になってしまいました。

さてさて、怒濤の7月を写真で振り返りたいと思います。
 
2016_0730-0702nakayu.jpg
7月2日(土)湧別町に東京大学名誉教授で建築研究所理事長の坂本雄三先生を迎え省エネ住宅のセミナーが開かれました。ボクは後半に坂本先生を中心としたトークセッションの司会役。
写真は、会場となった同町文化センターの向かいには旧中湧別駅。すでに廃線となっていますが、駅の構えがほぼそのまま残っているのは珍しいとのこと。ボクは初めて訪れましたが、子どものころ姉とふたり旅をした札幌-帯広の狩勝峠超えを思い出しました。
不思議ですね。本当はもう覚えていないはずなのに、思い出が駅舎に重なるのです。
 
2016_0730-0702oho.jpg
セミナーが終わった後、少し遠回りして帯広に向かったのですが、写真はサロマ湖畔で開かれていた自転車のロングライド大会参加者です(インターナショナルオホーツク サイクリング2016)。
ちょうどのこのころから雨が降り出して、子どももママチャリの人もいたので、きっとたいへんだったと思います。皆さん完走できましたか。
 
2016_0730-0703otofuke.jpg
7月3日(日)帯広の朝は前日の雨の影響で蒸し暑かったですが、気持ちよく晴れました。写真は、ホテルから十勝川を渡って音更町へジョギングし、鈴蘭公園から望む十勝大橋。帯広と音更を結ぶ大きな橋です。
鈴蘭公園はジョギングに最高の公園で、人慣れしたエゾリスも出てきて、楽しくなりました。

 
2016_0730-0704obihi.jpg
7月4日(月)帯広で定員を大幅に上回る皆さんにお越しいただき、相模稔さん(オーガニックスタジオ新潟社長)のセミナーを開催しました。相模さんの熱いトーク、聴き入る皆さん。講演者と参加者が一体になったとき、いい講演会になります。
 
2016_0730-0704sapporo.jpg
帯広の講演を終えて札幌に戻りましたが、まだぜんぜん明るい。ここは札幌市東区にある札幌聖ミカエル教会。アントニン・レーモンド設計により1960年に完成したそう。ボクにとってここは通学路でした。そのことがのちの人生に少し影響しているかな、と思わなくもないすてきな建物です。相模さん大興奮!
 
2016_0730-0711nakashi.jpg
7月11日(月)中標津町でのセミナーを終えて、講師の山本亜耕さんと空港に向かい、飛行機の時間まで中標津のチーズと鹿肉ジャーキーをかじりながらビアパーティ(笑)。いい具合に酔いが回り、さあ飛行機に乗るか!というときのこの景色。絶景なり中標津。美しきボンバルディア。日本ではあまり評判が良くないですが、ボクはプロペラ機のボンバルディアが好きです。
 
2016_0730-0719sappo.jpg
7月19日(火)この日はいろいろな人の協力で新住協札幌支部のセミナーが無事終わりました。17時の講演終了後、19時までイタリアンレストランで懇親会、その後2次会、さらに3次会と続き、写真は講師の鈴木大隆・北方建築総合研究所所長が最終のJRに乗車するために席を立つときの鎌田紀彦新住協代表理事との握手ショットです。
いろいろあってまわりが気をもんだおふたりでしたが、何はともあれ少し肩の荷が下りました。
 
2016_0730-0722tomamu.jpg
7月22日(金)は、前日夜に帯広でミニプレゼンをしたため、早朝に帯広を出て室蘭まで250km走りました。ちょうどトマムを通過するときの写真です。前日飲み過ぎたボクは予想通りの寝坊。ちょっと飛ばしました。
 
2016_0730-0722tmurora.jpg
会場の室蘭市文化センターから見る室蘭の町は快晴。狭い土地に家が建ちならび往年のにぎわいをしのばせます。
 
2016_0730-0722murora.jpg
定員いっぱいの参加者にお越しいただき、山本亜耕さんの講演が終わった後、アイスを食べに白鳥大橋方向へ車を走らすと、ありました旧三菱合資会社 室蘭出張所。現役で使われているようで、何よりです。ボクの好きな擬洋風ですね!
 
2016_0731-0724inte.jpg
7月24日(日)インテリアコラージュセミナーを取材しました。部屋の模様替えやリフォーム、新築の前に、自分の好みを知ることが大切。そのためには「好きの見える化」をするわけです。誰でもそうかなと思いますが、和風とビクトリア調が好きとか、人は好みの方向が一定とは限りません。そういうこともすべてこの1枚の紙の上に表現します。上手・ヘタではなく、「好きの見える化」をするのです。ちなみに白井は自分の「好き」を持っていかなかったため、ちょっと片手落ちなボードになってしまいました。ボクの好きは方向性がありません(笑)。
 
2016_0731-0728kura.jpg
7月28日(木)最後のセミナー会場へ向かう途中、創成川イーストで蔵を見つけました。札幌軟石による組積造でしょう。母屋も古い木造のようでした。いままで何百回とこの前を通っていますが、この日初めて気がつきました。ヒトは、車で見える風景と歩いて見える風景が全く違うのですね。

カテゴリ:ひと |

2016年07月29日(23:26)

7月、全道を移動しながらの怒濤のセミナー月間が終わりました

7月2日(土)の湧別町セミナーから始まり、7月28日(木)札幌でのプレゼンまで、自分が話すセミナー5回、弊社並びに白井が責任者を務めるセミナー5回を無事に終えることができました。
回った順に湧別、帯広、札幌、中標津、札幌、帯広、室蘭、岩見沢、札幌、札幌!
 
たくさんの出会いと学び、おいしいお酒、疑問や発見、和解、感謝と反省がありました。
 
予定の5割程度しかお客さまに来ていただけない会場がありました。どこに問題があったのか次回に備えてしっかり振り返りたいと思います。
ありがたいことに、予定を超えてたくさんの参加者にお越しいただいた会場も数会場ありました。そういうときは講師に参加者の「体温」を聞くことにしています。セミナーが始まるにつれて体温が上がっていく感じ、いいですね。
 
2016_0729_1.JPG 
一方、ボクが話をした会場は、やはり話の内容をどう受けとめてくださったかが気になります。
今月最後のプレゼンは北海道でのZEH(ネットゼロエネルギー住宅)の現状について話しました。
参加者の体温は高く、話していてしびれる感じがありました。
 
8月はお盆休みがあるので、けっこう忙しいです。9月の1,2日には札幌で新住協全国総会があり、ボクらは地元受け入れ側としてお迎えする立場になります。
 
2016_0729_2.JPG
業界活動はけっこう多岐にわたりますが、皆さんの協力で成り立っていると実感します。
 
さあ、明日はまとめて数名の大工さん取材です。

カテゴリ:日記 |

2016年07月15日(17:15)

施主にも渡して収納の考え方を共有! 新刊「片づけ図解百科」

2016_0715H1.jpg自宅の片づけで悩む主婦が多いそうです。共働きがなかば常識化した現在でも、家の片づけは女性の仕事という暗黙の了解があり(わが家もそうかな)、仕事で日中に家の片づけができない主婦がストレスをつのらせると。
片づけの悩みと住宅新築は直接関係がないように思えますが、片づけやすい家を提案することはできる、という視点で、この本は書かれています。
 
収納家具の工夫などでできる対応ももちろんありますが、収納スペースをどう取るか、寸法は、など建築的要素も重要ですね。この本では、そういった建築的視点からしっかり書かれており、設計者やコーディネーターが読んでもためになると思います。お客さまにもこの本を渡せば、収納に関する認識を共有することができます。
 
また、大きな特徴として、その人にあった収納方法を提案している点が挙げられます。キッチリ分類したほうが良いタイプなのか、収納ボックスなどに『仕事に行くときに必要なもの』をザクッと突っ込んでおくタイプの収納がよいのか、それはその人の個性によります。その個性を「利き脳タイプ」によって診断し、それに基づいた収納を提案するという方法です。
 
2016_0715.jpg
 
著者は、利き脳診断に基づく収納提案の第一人者であり、レジデンシャルオーガナイザーの吉本とも子氏。主婦の友社から税別1400円で発売中。A5判143ページ多色刷り。
 
 
ちなみに、ボクは吉本さんのひ孫弟子くらいの位置で、利き脳診断に基づく収納提案を勉強して「ライフオーガナイザー2級」を取得しました! ボクは前述例の後段、ケースごとに必要なものをまとめてザクッと入れておくのが向いている右脳・右脳タイプです。ものすごく装備品が多いスキー道具を置く棚とボックスに全部突っ込んであります。これで忘れ物なし!
〈著者の吉本さんといっしょに!〉

カテゴリ:ie |

PROFILE

編集長 白井 康永

家づくりを変えたいという野望を持ち、北海道住宅新聞、札幌良い住宅jp を中心に、少子化の激流のなかでわれわれが日本を導きます.時にひょうひょうと(笑).
北海道・札幌市生まれ53歳。血液型O型.大学4年、専門学校に通う娘たち、高校3年の息子あり. 休日にやってること:のろまジョギングとテレマークスキー.

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このページの先頭へ

運営サイト

株式会社北海道住宅新聞社
〒001-0029 札幌市北区北29条西4丁目2-1-201
tel.011-736-9811 fax.011-717-1770

当サイトで使用している写真およびテキストの無断転載を禁止します。

Copyright (c) 北海道住宅新聞社. All Rights Reserved.