ホーム > 編集長コラム > 2016年1月

2016年01月04日(11:01)

丙申・2016年を迎え住宅会社経営者の見方は!?

hinoesaru.png

おはようございます。
今年は、消費税10%引き上げの前年となることから(どんでん返しがなければ、ですが)、マイホームの駆け込み需要、そしてその先の不況が近づいてくる1年になります。

日ごろお世話になっている住宅会社経営者の皆さまの声は、大きく二つに分かれると思います。
1:新築着工は減り、受注は減り続ける。新規事業の開拓が必要だが言うまでもなく難しい。今後はリフォームへ配置転換が始まる。

2:新築着工は減るが、受注棟数が減る計画は立てていない。強みをさらに磨くとともに、商品開発面であらゆることをやっていく。

非常に乱暴ですが、この2つの意見に分けられます。そして、さらに乱暴ですが、経営規模が大きい会社は1の意見になりやすく、中堅クラスの会社が2の意見になりやすいようです。
もちろん、現在の受注状況や社歴が長いかどうかなども関連します。

乱暴に整理するとこうなるかと思います。
社歴が長い=多くのOB客がいる。リフォームを事業化しやすい。(雇用吸収力がある)
商品開発力がある=現在の市場から支持がある(このまま新築中心で進む自信がある)
販売に苦戦している=市場縮小はそのまま受注縮小につながる(ビジョンが開けていない)

こう見てくると、変化が起きそうなのはリフォーム市場かもしれません。リフォーム専門店はあっても、住宅会社の本格参入はいままで少なかった。そこに大手ハウスメーカーを含め、たくさんの会社が本格参入することが予想されます。

一方の新築は、今後ますます地方都市から札幌など県庁所在地や主要都市に進出する会社が増えそうです。
地元で成功したノウハウを持って大きな都市の市場に挑戦する。このため大きな都市の市場は激戦になる。

今年は丙申(ひのえさる)というそうです。
丙申の年は、「これまでの頑張りが形になっていく」と解説している人がいます。
そういう年になるように、がんばりたいと思います。

ところで、北海道に野生の猿はいません。

カテゴリ:ie |

2016年01月02日(14:33)

明けましておめでとうございます2016年

明けましておめでとうございます。
札幌はおだやかな新年です。

母がすこし体調を崩したようですが、それ以外は皆健康。
たいへんありがたいことです。
いつまでも健やかに、と願わずにはいられません。

去年はギリギリまでお仕事がありました。これはたいへんありがたいことです。
今年も去年以上に仕事に恵まれますように、
標高1000mにある神社で手を合わせてまいりました。

2016_0102teine.jpg

そのあとは恒例の初滑りとなりました。
3月で丸4年を迎えるテレマークスキーは、
ようやく息子にばかにされないレベルに上がってまいりました。

けっこういい感じなので、息子に誘われてTEINE北壁コースにテレマークスキー初の挑戦をしてみましたが、あっさり自爆しました。
TEINE名物の北壁コースは、斜度36度の林間コースで、ボッコボコのコブ斜面か、ヒザまでの深雪のどちらかという、とてもワイルドなコースです。

今年もケガしない程度に楽しみます。
皆さまにとっても素晴らしい1年になりますように。
〈元旦早朝の札幌は中心部に雲がかかった幻想的な雪景色でした〉

カテゴリ:日記 |

PROFILE

編集長 白井 康永

家づくりを変えたいという野望を持ち、北海道住宅新聞、札幌良い住宅jp を中心に、少子化の激流のなかでわれわれが日本を導きます.時にひょうひょうと(笑).
北海道・札幌市生まれ53歳。血液型O型.大学4年、専門学校に通う娘たち、高校3年の息子あり. 休日にやってること:のろまジョギングとテレマークスキー.

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このページの先頭へ

運営サイト

株式会社北海道住宅新聞社
〒001-0029 札幌市北区北29条西4丁目2-1-201
tel.011-736-9811 fax.011-717-1770

当サイトで使用している写真およびテキストの無断転載を禁止します。

Copyright (c) 北海道住宅新聞社. All Rights Reserved.