2014年02月02日(18:07)

IHクッキングヒーター交換記

2014_0202ih01.jpg
〈ちょっと重いが、わりと簡単に持ち上がる〉

9年と1ヵ月で、わが家のIHクッキングヒーターが壊れました。
といっても、3口のうち1口が使えなくなり、『交換部品がないので修理不能』という診断。

なんじゃそれ!!
5万10万の買い物じゃないわけです。20万円しましたよ。

しょーがなく、IHクッキングヒーターで検索をかけると、なんと4万円を切る価格で売っているではないですか。
『取り付けは誰でもできます』とわが家担当のIさん。
なら買っちまうか、というわけでamazonで3万9900円!!
いちおう、パナソニックです。
20万円で買って10年持たず、交換品は4万円ですわ。

昼にクロネコヤマトさんが持って来てくれました。
以下、簡単に交換記です。

-----
まず、設置説明書に目を通す。まず、コンセントを差す。フロントパネル側を先に入れて、ゆっくり背面を穴に入れる。設置したら、ちょっと前後左右の位置を調整して、2ヵ所でワークトップに固定。
以上。

取り外しはこの反対の作業になります。まず分電盤のブレーカーを落として、グリルを取り出し、固定金具を2ヵ所外す。固定金具の位置は故障品も購入品も同じでした。プラスのドライバー1本でできます。
本体を取り出すのがちょっと重いですが、男子なら問題なくできます。故障品のほうが重く24kg、購入品は18kgでけっこう軽く感じました。

これ、テレビインターホンの交換より簡単です。コンセント型なので、ほとんど家電ですわ。

消費電力を選べるようになっており、最初は5.8kWに設定されていましたが、わが家は50A契約なので、説明書に従って4.8kWに落としました。

ワークトップがいままでの黒一色から、滑り止めらしきドットが入り、ちょっと見慣れない感じです。
まずお湯を沸かしてみましたが、いままで「ゴーッ」ていう音がしていたのが、ほぼ無音。すごいね。静かになった点は歓迎です。

交換時間は、ブレーカーを落とすときから設置が終わるまでで50分。電子レンジより安いのは満足ですが、10年持たないんだ・・・。
 
-------
で、故障品の処分はどうするか??
いつものように東区の回収店に持ち込みました。
すべて終了。

2014_0202ih02.jpg
〈コンセント出現! ワークトップ周辺の黒い汚れはパッキン材〉
 
2014_0202ih03.jpg
〈新品です〉
 
2014_0202ih04.jpg
〈取り外しと反対に前から入れる〉
 
2014_0202ih05.jpg
〈ブレーカーを戻します〉
 
2014_0202ih06.jpg
〈新品は気持ちいいけどね〉

カテゴリ:ie家 |

コメント

へ~簡単なんですね~。
うちも壊れた時は自分でやって見る事にします(^^)。

なべやん(2014-02-02T23:07)

ま、壊れないほうがいいんだけど、壊れても心配はないということで(^_^)
 
それにしても、価格5分の1!!

白井康永(2014-02-03T07:49)

つい先程片面がショートしてしまいつかなくなってしまいました。
参考にさせて頂きます。

釜人(2014-11-14T19:31)

やってみてください。
注意点はただ一つ、作業中に腰を悪くしないように気をつけてくださいね。

白井康永(2014-11-15T05:13)

コメント

PROFILE

編集長 白井 康永

iezoomと北海道住宅新聞を中心に、豊かな暮らしを次世代へ引き継ぐため、ボクたちが日本を導きます.時にひょうひょうと(笑).
北海道・札幌市生まれ58歳。血液型O型.3人の子どもは親元を離れて自活. 休日にやってること:のろまジョギングとテレマークスキー.

月別アーカイブ