ホーム > 編集長コラム > 2011年10月

2011年10月26日(19:10)

人口ボーナス ってなに?

20111026bonus.gif


この言葉、知りませんでした。
人口ボーナス期とは、(15~64歳人口)/(~14歳+65歳~)の値が2以上になる経済成長が加速しやすい期間のこと。人口ボーナス期は原則1国1度だけ。日本の高度成長も人口ボーナス期にあたる。(世界四季報より
http://4ki4.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/post-5932.html


(株)日本総合研究所 大泉啓一郎氏の資料ですが、出典そのものが明らかではありません。でも紹介しちゃいます。問題あったら削除します。
上の定義より、この資料のほうがずっとわかりやすいですよ。
大切なのは、日本はもうボーナスが支給されない時期になったけど、中国、韓国、台湾もそろそろ日本を追って、経済成長が止まるかもしれないこと。
インドはまだまだいけること。


ボーナス期が終わるとオーナス期になるのだそうで、ま、今の日本はまさにそこにあるわけです。(高齢者や子供が増えて、現役労働世代が少ない状態)


中国みたいな巨大な国がオーナス期に入ったらどうなるんでしょうね。これはちょっと想像がつきません。

カテゴリ:日記 |

2011年10月25日(18:22)

ちょっと感動したことなど

111025pyson.jpg


じつは、新築された円山動物園の「は虫類・両生類館」に行ったことがありませんでした。
日曜日は雨の中、女房と2人、動物園に出かけました。
もしかすると夫婦2人で円山動物園に行くのは、はじめてかもしれません。
子どもが小さいころは年に数度行ったのですが、
小生はここ5年ほど行ってないと思います。


雨の動物園は、ふだん動かないユキヒョウなど動物たちが活発で、なかなかよかったですし、
「は虫類館」は突き抜けていました。
ベーレンパイソンといいます。チョーかっこいいです。えー、ちなみに小生、ヘビは嫌いでございます。
ただ、こういう風に見せられると、好き・嫌いを超越した世界観で「は虫類・両生類」を見学できることがわかりました。
メチャ、フォトジェニックな空間。は虫類・両生類館、恐るべし!!
2人で盛り上がりました。


なお、この「は虫類・両生類館」が外断熱・自然通風利用の最新建築なのですよ!!

カテゴリ:北海道・札幌 |

2011年10月21日(09:44)

10月28,29日 札幌市立大学でシンポ

札幌市南区の芸術の森に隣接して、札幌市立大学があります。
緑深い恵まれた環境の中で、来週の金曜と土曜、建築環境のシンポジウムがあります。


テーマが難しそうで、参加費8,000円という少々敷居が高いシンポジウムですが、小生はいつものごとく乱暴に、ピンポイント紹介します。


2011_1028.jpg


興味を持っているのは29日・土曜日の午前の部。
contents.jpg



  • 斉藤雅也先生は、今話題の円山動物園・は虫類・両生類館を中心に、動物とその生活環境について話す予定だそうです。この話はとても面白いです。

  • 「コミュニケーション型HEMSの試み」という発表にも興味を持っています。今日の北海道新聞にもHEMS、スマートハウスの記事が載っていましたが、HEMSってなに? すごいの? 聞いてみたいです。(当社・北海道住宅新聞の記事は、こちらに一部掲載しました>>

  • 「エコ改修された中学校校舎の住まい方」これも、ものすごく興味あります。黒松内中学校は、北海道の最先端技術を適用して建てた断熱建築です。そこでどのような学校生活が行われているか、発表はこの中学の先生です。


白井は29日午前の部に参加します。午後もいるかもしれません。

カテゴリ:北海道・札幌 |

2011年10月17日(19:07)

雨雲を連れ歩く男

皆さんこんばんは。
今日の札幌、特に自分が移動した石狩、小樽、西野はめまぐるしく天気が変わりました。


朝からそうでした。
起きたときは雨。歯を磨きはじめた6:40ころまでは大雨。その後晴れてきて、家を出るときはほとんどあがり晴れ間も。
ところが会社近くになるとまた雨。


朝の打ち合わせ、電話などで10時過ぎに出発。ところが石狩湾方向が暗い。
最初の撮影は辛うじてOK。
次のお宅に向かい車をスタートさせますが、雨。徐々にどしゃ降り。そこで順序を変え、まだ青空が見える西野へ。
ところが小生がついたと同時に雨。徐々に雨足が強く。


早々に切り上げ空を見ると石狩湾方向が晴れ。
再度小樽方面へ。ところが徐々に黒い雲。
そして到着と同時にどしゃ降り。


さすがにまいりましたよ。
『車の中で上がるまで待機』
何とか雨がおさまり、撮影。
そして西野へ。晴れてる。


でも、やっぱり到着と同時に雨。
やむを得ず、小降りを狙って撮影。


疲れ果てて会社に戻ったら、こんどは車を出るなり晴れ。


こんな日もあるサ。
111017photo.jpg

カテゴリ:日記 |

2011年10月12日(22:57)

夏を涼しく快適に

111012kai.jpg
チームネット・甲斐さんというかたのセミナーを取材した。
以前、新聞記事にも書いたのだが、30℃もあれば暑くて当たり前。ところが当たり前という常識は意外と間違いだったりする。


半信半疑、あるいは「ウソ」だと眉にツバ付けながら聞いていただいてけっこう。じっさい自分も一昨年までは信じてなかったし、昨年は少し理解したがそれでも半信半疑だった。


30℃でもそれほど暑くない家ができる。


これまでの自分を含めた北海道の考え方に間違いが1つある。『軒やひさしで窓からの直射日光を遮へいする』というのは、現実はムリです。窓面の日射遮へいは外にすだれ状の遮へい部材を設置すること。できれば窓面から離して。


これができれば、北海道の家では充分涼しい。
方位は、真南を向いた家では、東、南、西面。南東を向いた家では、条件によるが南東、南西、北西または北東でいいと思う。全部やったほうがいいが、北海道ではそこまでの必要はない。
通風も重要だし、排気窓も重要だが、一番重要なのは日射遮へいだ。


そんな話を甲斐さんは順序正しく説明した。
眉唾な話にちょっとだまされてみませんか。

カテゴリ:エコ化 |

2011年10月09日(21:41)

クリック

リフォーム市民セミナーから1度家に帰ったあと、小生は再び出かけました。
高校時代の友人Kと食事をすることになっていたのです。
去年の同窓会を期に、ときどき連絡を取り、たまにメシを食うようになりました。
向かった場所は、これまた高校の同級生が経営する焼肉「やまと」
http://r.tabelog.com/hokkaido/A0102/A010201/1012306/
なつかしい話や知らなかった話もあって、Kの言葉ではないけれど「サビ」を落とすとてもいい時間だったと思います。
こういうのいいね。


ちなみに、Kも2年前から走り始めているらしく、ハーフマラソンweb申し込みの「クリック」で盛り上がりました。
何度もHPを見てはちゅうちょする気持ちも、勢いでクリックしてからビビる気持ちも「わかる」ってことで。


来年、千歳JAL国際マラソンやるかっ!!
P社のKさん、フルマラソンの時間制限が6時間だそうですよ。
http://www.city.chitose.hokkaido.jp/chitosejalmarathon/kousiki/index.html

カテゴリ:ひと |

2011年10月09日(21:39)

2011年10月8日あったかリフォーム市民セミナー

111008refomu.jpg


13:30から清田区民センターで「第4回あったかリフォーム市民セミナー」を、あったかリフォーム倶楽部主催により開催いたしました。


とても素晴らしいセミナーを開催することができました。お集まりくださった皆さま、講師の西代さん、本当にありがとうございます。用意した資料が足りなくなるほど。
それにしても西代さんのお話はいいなぁ。わかりやすいし、説得力がある。
セミナー途中から清田は大雨。皆さん無事に帰宅できましたか。

カテゴリ:日記 |

2011年10月05日(19:31)

事業展開

午後から企画のプレゼンを行ったあと、当社のWeb事業について評価とこれからを軽く話し合った。


自分の中では、現状の把握はとても大切だと思っていて、ダメな点と良い点、目標と現状の到達点を確認したあと、今期やれることを整理した。


公式ホームページのリニュアルで、ページビューが安定していることや、サイトパワーを集中しやすくなっていることなどは良い点。新聞試読数が目標に達していないことは悪い点。
札幌良い住宅のサイト目標のうち、ページビューなどは合格点、広告数については未達。


原因はいろいろあると思いますが、まず把握。



小さな小さなわが社には今、ここに登場するすべての人材がそろっている気がする。1人で踊るおバカから最後まで踊らないおバカまで。

カテゴリ:日記 |

2011年10月03日(17:01)

札幌マラソン完走記

111003satsumara.jpg
10月2日(日) ついに札幌マラソン当日を迎えました。
起床はやや寝坊気味の6:30。天気は雨です。
天気予報では、雨は上がりそうですが気温が11℃、風が11m/秒となっています。


地下鉄乗り継ぎのため大通駅で真駒内行きを待っていると、半数以上が出場者と思われる人たち。
一般の方が『何があるの?』って感じでキョロキョロしていました。
ハーフだけで6,000人以上、全部で1万人を超す市民マラソンですから、当然すごい数。完全にお祭りです。


真駒内駅を降りたら、強い雨。シャトルバスが待つバス停に列びました。会場についても雨。ところが幸いなことに雨はその後上がりました。
10kmレースのスタート。そしてあまり間をおかずに午前11時50分、ハーフマラソンのスタートです。
増田明美さんが「エンジョイですよー」と声をかけてくれます。スタートの花火、大きな拍手、そして6,000人の参加者が動き出しました。


スタートラインを越すのに2分弱でしょうか。公道を走るのですが、すごい人数ですから基本的には身動きがつきません。
そうこうして、5kmを過ぎました。このあたりから集団に落ち着きが出てきます。全体の流れに乗って、進みます。幌平橋で豊平川を渡り、河畔の道を走ったあと、ススキノから駅前通りを北進します。


人生初めての給水所。いやぁ、やっぱうまくいきませんでした。今回はすべての給水所でアミノバイタルというスポーツドリンクと水の両方をとりました。スポーツドリンクを一口飲んだあと、水でうがいをする感じです。


三越を過ぎてちょっとして折り返し。パルコが見えたのを覚えています。天気も晴れて、沿道にはたくさんの方がいらっしゃいます。このあたりから小生はとてもいい気持ちになりました。ランナーズハイです。
南大橋で再び豊平川を渡ってこんどは河川敷のサイクリングロードに出ます。心配した足切りには遭わず、何とかゴールを目指すことができそう。


ミュンヘン大橋にさしかかったとき、岩見沢市在住の建築家・中村さんとうちの家族を発見しました。
応援は本当に力になります。そしてそこから程なく、河畔を離れます。16kmくらいでしょうか。
ゴールの屋外スタジアムはもうすぐですが、コースはここから5km走らされます。そして小生、最後の5kmがきつかった。
『残り2kmになったらがんばろう』『残り1kmになったら限界までいこう』などと考えました。が、思うほどにスピードあがらず(涙)。


それでもスタジアムに入ってからは必死でがんばり、ゴール。
公式タイムは2時間15分少々らしいです。


111003satsumara2.jpg
まず、応援に着てくれた中村さんに感謝。打ち合わせ時間を変更して、文字通り駆けつけてくださったそうです。
家族にも、この場を借りて感謝。足切りに遭わないか、走りきれるのかずいぶん心配したようですが、無事に完走しました。
そして、冷やかし半分で応援してくださった多くの皆さんにも感謝。プレッシャーがトレーニングのモチベーションになりました


やっぱり2時間を切りたい。来年もう一度やると思います。

カテゴリ:日記 |

PROFILE

編集長 白井 康永

家づくりを変えたいという野望を持ち、北海道住宅新聞、札幌良い住宅jp を中心に、少子化の激流のなかでわれわれが日本を導きます.時にひょうひょうと(笑).
北海道・札幌市生まれ53歳。血液型O型.大学4年、専門学校に通う娘たち、高校3年の息子あり. 休日にやってること:のろまジョギングとテレマークスキー.

最新記事

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

このページの先頭へ

運営サイト

株式会社北海道住宅新聞社
〒001-0029 札幌市北区北29条西4丁目2-1-201
tel.011-736-9811 fax.011-717-1770

当サイトで使用している写真およびテキストの無断転載を禁止します。

Copyright (c) 北海道住宅新聞社. All Rights Reserved.