札幌良い住宅.jp ホーム > (株)ドリホ > 中央区のマンションから住み替えで手に入れた静かな生活!西区Sさん

中央区のマンションから住み替えで手に入れた静かな生活!西区Sさん

(株)ドリホ

ライター 遠藤みはる | 企画(規格)住宅 | 女性目線の家づくり | 工務店 | 2017.03.03

「家に対する考え方が、少しずつ変わってきたんです」

便利の良い中央区のマンションから、西区の閑静な住宅街に新居を構えたSさんご夫婦。ご主人が30代後半のころにマンションを購入。その後5年ほどの間に住まいに求める"想い"が、少しずつ変化してきたといいます。
 
マンションと戸建て、都市部と郊外の"住みやすさの違い"を肌で感じたお二人。
理想の住まいをドリホで形にした、新しい住まいへの"想い"をお話しいただきました。

2017_03doriho-s01.jpg

"落ち着いた場所に住みたい"と考えるようになったSさんご夫婦

「マイホームを持ちたい」と考えたとき、戸建てとマンション、どちらが良いのか迷う方も多いでしょう。
マンションは立地条件が良い場合が多く、セキュリティ面も充実。利便性が高いシティライフが期待できますよね。
 
Sさんご夫婦も以前は、札幌中心部の分譲マンションにお住まいでした。奥様は札幌駅が大好きで"駅チカのマンションに住む"ことが、昔から思い描いていた理想のライフスタイルでした。
そんな都会的な暮らしの中でも、いくつか気になる点が出てきたそうです。
 
「中央区のマンションは大きな通りに面してシティライフそのものでしたが、夏場に窓を開けると自動車の騒音でテレビの音が遮られるほどでした。仕事で帰りが遅くなる日もあり、掃除機や洗濯機も時間帯に気を使いました。上の階に住む方の掃除機の音が聞こえてくるので、きっとウチのも聞こえているんだろうねって」

2017_03doriho-s02.jpg

時が経つにつれ「静かで落ち着いた場所に住みたい」と考えるようになったこと。そして「将来をイメージした時の環境を考えると、自由度がある戸建てが良い!」という思いが徐々に膨らんでいったそうです。
 
インターネット検索で、ドリホの南欧風規格住宅"ブランアンジュ"が気になったというご夫婦。ドリホのモデルハウス見学に出かけ、そこで担当した吉田さんとの出会いをきっかけに、"本当の理想"の住まいづくりが始まりました。
ブランアンジュモデルハウスはこちら。公開は終了しています。
http://www.iesu.co.jp/ghs/article/20150220083044.html

三角屋根に、白い格子窓と白い壁
2017_03doriho-s03.jpg

「マンションに比べて、ここは本当に静かで落ちつきます」
お互いの暮らしが近いことから生まれるマンションの"生活音"の不安。その不安が戸建てに住むことでなくなったそう。
 
Sさん邸は、規格型住宅でありながら、デザインや間取りの自由度もあって人気の『CollaBox-コラボックス-』を採用。 "南欧テイスト"をふんだんに盛り込みました。要らないものを省き、希望のテイストを追加することで希望の予算に収め、Sさんが理想とするプロヴァンス風の住まいが完成。格子窓に切妻屋根が、とても可愛らしい印象のお住まいですね。

「オープンキッチンとお気に入りの輸入家電にかこまれて」
2017_03doriho-s04.jpg

マンション時代は"スタイリッシュ"な内装だったそうですが、ドリホで建てた新居は、明るく清涼感があり、安らぎを感じる空間に仕上がりました。
 
「だんだんやわらかな雰囲気の"ナチュラル系"の家が良いなと思うようになったんです。趣味が変わりましたね」
奥様お気に入りの場所はキッチン。木目調の扉と白を基調としたオープンキッチンが、ナチュラルテイストのお部屋にぴったりです。
「とにかく収納がたくさん欲しかったんです」
奥様のお言葉通り、標準のカップボードに加え、更に収納をプラス。オープンキッチンのリビング側にも大容量の収納スペースを確保。奥様ご希望の "収納力UP"が実現したようですね。

2017_03doriho-s05.jpg

ご主人のお気に入りの場所は、暖かな日差しがたっぷりと注がれる吹き抜けと、2階ホールに設置した造作のフリーカウンター。
「普通だったら、ただの手すり壁になる場所でした」とご主人。
吹き抜けに面してフリーカウンターをつくったことで、機能的でデザイン性もアップ。じつはこのアイデア、ドリホの「ブランアンジュ」モデルハウスに採用されたものでした。
ここは今後パソコンスペースに利用される予定とか。

マンション時代と比較して、収納力が大幅にUP!
2017_03doriho-s06.jpg

Sさん夫妻が以前、不満に感じていた収納の悩み。それを吉田さんが柔軟に聞き入れてくれた事で、満足いく仕上がりになったそうです。必要な場所に、必要な分だけ設置された収納は使い勝手も良さそうですね。
 
脱衣所に設置された収納棚は、自由に可動ができる棚板を使用。使う人のことを考えた、嬉しい工夫が施されています【写真右】。タイル張りされた可愛いらしい化粧台は、吉田さんのおすすめを取り入れて、ナチュラルでかわいらしい洗面台に仕上がりました【写真左】。

信頼できる会社選びの"決め手"は「私たちに合わせてくれる営業マンの人柄」でした
2017_03doriho-s07.jpg

ドリホに施工をお願いしようと思った"決め手"を伺うと、ご夫婦が口をそろえて『吉田さんの人柄』とのこと。
「他の住宅会社もいろいろ見に行きましたが、営業さんの勢いが怖くて」と奥様。
「他の営業さんはすぐに話を進めようと必死な姿が印象的で。吉田さんの場合は正反対で、こちらの方から話を聞きたいと問い合わせするくらい!」と笑ってお話ししてくれました。
 
「困りごとはありませんか~?」
そこへちょうど現れたのが"噂の"ドリホ吉田さん【写真】。
新居での心配事を相談される、ご夫婦との会話の様子から、まるでお友達同士のような信頼関係が伺えました。

2017_03doriho-s08.jpg

記者の目
マンションに比べると雪かきが大変ではないですか?と伺うと、「ご近所の方とお話しできるので、良いですよ。」とご主人。雪かきを通して今年の雪の量のお話や、重い雪を運ぶ、その大変さをお隣さんと分かち合えるようです。マンションでは無かった苦労が、プラスに働くこの力は、ご近所との立派な"コミュニケーションツール"になるのですね。

ゆうらく

(株)ドリホの企業データ

作品例

編集部からの一言

建物本体価格1500万円以下で完成度、顧客満足度の高い住まい提供を目指して三五工務店のグループ会社として「ドリホ(ドリーム&ホープ)」が動き出した。シンプルなデザイン住宅「ZERO-CUBE(ゼロキューブ)」、南仏プロヴァンススタイルの「BlancAnge(ブランアンジュ)」自然素材を使った子育て世代応援住宅「ハグハウス」など、全国でも定評のある住宅を道内仕様にアレンジして展開。

建築総額の傾向

会社情報

企業データ

平成12年設立 資本金1000万円 施工エリア 札幌市内・石狩市・小樽市・北広島市・その他札幌圏

社内体制

住宅の新築
有資格者による設計・品質管理を行っております

アフターメンテナンス
お引渡し後1年・2年点検を 実施しているほか、
ご連絡いただいた際には随時 対応させていただきます

過去の実績

累計800棟 過去3年間では合計新築約120棟 地域密着型幸夢店 三五工務店のグループ会社

社名 株式会社 ドリホ
住所

〒001-0034 札幌市北区北34条西10丁目6番21号

TEL 011-707-5500
HP http://doriho.com/

この企業の記事一覧

ブログ新着記事

月々いくらまで借りられる?
現在銀行はカードローンに積極的になるほどお金を貸したい状況ですね年収400でも3000万程度月々返済17年03月25日
住宅建築 吉田泰士
札幌市白石区 4日間限定で住宅完成見学会を開催致します。
こんにちは!札幌市白石区にて4日間の限定で住宅完成見学会を開催致します。日程:4月8日(土)・9日(17年03月22日
ドリホからお知らせ – 札幌の新築住宅は(株)ドリホ 公式サイト | ZERO-CUBEなど豊富な商品
キッチン収納造作提案
現在新築準備中の住宅においてL字キッチンの対面部分の収納がメーカー既製品での対応が難しかった為造作で17年03月20日
住宅建築 吉田泰士
高台の家
今日のご提案クライアントは利便性の良いマンションに住んでいますがこの度お嬢様のピアノレッスンのために17年03月18日
住宅建築 吉田泰士
4月1日パナソニックリビングショールーム札幌にて住宅セミナー第2弾を開催いたします
こんにちは!4月1日(土)にパナソニックリビングショールーム札幌にて、(株)北海道住宅新聞社主催の住17年03月16日
ドリホからお知らせ – 札幌の新築住宅は(株)ドリホ 公式サイト | ZERO-CUBEなど豊富な商品
企業情報を見る
このページの先頭へ