札幌良い住宅.jp ホーム > あ~すくらふつ 住・空間研究室 一級建築士事務所 > 雪の暮らしを楽しむ、三角屋根の家/札幌市・Mさん

雪の暮らしを楽しむ、三角屋根の家/札幌市・Mさん

あ~すくらふつ 住・空間研究室 一級建築士事務所

ライター 高橋明子 | 土地さがし | 建築家 | 自然素材 | 設計事務所 | 2013.03.23

関東出身の私にとって、北国らしい三角屋根の家は憧れでした。三角屋根の古民家カフェが人気を呼んでいるように、やはりあの外観には惹かれますよね。でも、古い物件だと中はさむ~いのも事実。屋根の落雪も気になるし……
そんなとき、編集長からの誘いが。「建築家の奥島さんが手掛けた家を見てみませんか? 三角屋根の木のおうちですよ」。え~っ、見てみたい!でも寒くないのかな? 耐久性は? 落雪対策は?・・・そんな疑問とワクワク感を胸に、さっそく出かけてきました。

思わず立ちどまった家

場所は、札幌市西区の地下鉄駅から徒歩圏にある住宅街。 そこには、"北国に住むんだったらこんな家"とまさに私が思っていたウッディなお宅が存在感を放っていました。それも、浮いている印象ではなく、「あ、これいいな。うらやましいな」と立ちどまりたくなるような家。まだ築4カ月なのに、すでにこの地になじんだ感じもいい。 13_02oku_gaikanIMG_8309x.jpg シンプルなシルエットの三角屋根が、降雪のあいまの青空に映える

 
「私のスキー仲間が、通りががった家にひと目ぼれして設計者を捜し当てた。それが奥島さんだったんですよ。そうして彼は自分の家を建てました」
そう語るのはこの家のオーナー、Mさん。ということは、もしや・・・?「そうです。その仲間の家に私もよく遊びに行っていて、ずっと"いいなあ~"と思っていました。それで家を新築する時に、奥島さんを紹介してもらったんです」
30代のシステムエンジニア、Mさんは競技大会に出場するほどのスキー好き。秋田県出身ですが「パウダースノーの北海道でスキーを楽しむために?」道内の大学に進学、就職、そして結婚されました。子どもが生まれたのをきっかけに家を建てることになり、通勤とスキーの利便性を考えたこの場所に土地を購入したそうです。

仕事後もさっそうと家からスキー場へ

さて、建築家の奥島先生は、と身構えていると、茶色のシャツにジーンズでニコニコ笑っている男性が「奥島です」と名刺をくださいました。ハイキングで出会ったような、フレンドリーな印象の方です。 「できるだけシンプルな箱のかたちに、きれいな形の三角屋根をのせたいというのが僕のポリシーなんです」と奥島さん。奥さんも「凸凹のあるスタイルは私もイヤでした。この家はやはりシルエットがきれい」とお気に入りの様子。 奥島さんはMさんと直接の知り合いではなかったものの、実はかなりのスキー愛好家。スキー板を10本近く持つというMさんのため、カーポートの奥にストックスペースを造りました。「前はひと部屋しかないアパートでスキー板の手入れをしていましたが」と苦笑する奥さん。肩身が狭かったMさんも、この新居に移ってからはガレージで気兼ねなくスキー板のチューンアップができるとか。 また、前夜のうちに荷物をまとめておき、翌朝すぐ車に積んでスキーに出かけられる手軽さも気に入っているそうです。平日は仕事から早めに帰ってくれば近くのスキー場まで車で30分の距離、たっぷり2時間は滑って帰ってくる生活。週末にはニセコへ足を延ばすそうで「ええ、理想の暮らしをしていますよ」と満足げです。 13_02oku_02IMG_8231x.jpg スノースポーツを楽しむ理想の地に建つ、あたたかないえ

木に囲まれたナチュラルな暮らし

Mさんのお宅におじゃますると、すべてのフロアがひと続きになったような空間が広がっていました。それも白塗りの壁以外は天井も床も、造作の家具も含めて「木」。座っているうちに、体が解放されていくようなリラックス感を覚えます。「Mさんのご家族は、プライバシー空間の確保にこだわらないということで、間取りを開放的にしました」と奥島さん。そのため各所に、開けておくことを前提にした引き戸を配しています。 床はホンモノの杉板で、木目の凹凸が浮き出るようにした浮(うき)造り。ソファの暮らしは望まないというMさんに、奥島さんが「床に座るならあたたかくて柔らかい杉を」とセレクトしました。それも厚さを普通の2倍にすることで、よりソフトな感触になっています。思わず寝転びたくなりますねと話すと「いやぁ、私もわりと寝転んでテレビを観ていますよ」と幸せそうなMさん。ご両親から贈られたという大きめのちゃぶ台もしっとりとなじんでいます。 13_02oku_03IMG_8099good.jpg 若い夫婦が選んだ、座って暮らす生活

 
バスルームの壁はひばの板張りで天然の木の香りがなんともぜいたく。「お風呂が広々として楽しいです」と1歳の娘さんに笑いかける奥さん。キッチンカウンターや洗面台も板張りの造作でまとめています。
洗面台には、使うたびにサッとふけるよう小さなふきんが置かれていました。少し面倒なのではという質問に、奥島さんが語ります。「木の味わいや付き合い方をお子さんにも気づいてほしい。木に囲まれた暮らしで、こうして水気を拭くことを習慣にするとか、木にはささくれもできることを知るとか、そういったことが10年、20年後に生きてくると思うんですよ」。まさに、家での"木育"ですね。
13_02oku_04K-U.jpg

外断熱と高気密で暖かく光熱費もセーブ

三角屋根の木のおうちといえば、ひと昔前を思い出して「寒いんじゃないの」と思われるかもしれませんが、もちろんそうではありません。 設計に当たって奥島さんが力を入れているのが、住宅の断熱・気密性能です。Mさん邸は施工を手掛けた丸三ホクシン建設さんがメインとして使う外断熱方式を採用していますが、奥島さんがこだわっているのは「何よりも、断熱性能が劣化しないこと」。そのために、さらに重視しているのが気密性能。普通は1cm/m2あればよいとされるところ、Mさん邸では0.2cm/m2とかなり厳格です。 暖房は、冬に地中から熱を取り出し夏は地中の冷気を屋内に取り入れる地中熱ヒートポンプを採用。住み始めたのは昨年の秋ですが、年間でもピークになる1月の光熱費は合計で1万6千円で済んだそうです。 リビングにはMさん念願の薪ストーブがあり、こちらで十分暖房をまかなうことも可能だそうですが、今シーズンは薪不足のため朝夕の時間につけて柔らかな暖かさを楽しんでいるそうです。 13_02oku_dan.jpg 談笑するMさん家族と奥島さん(右)

独自の視点でオーナーの希望に応える

奥島さんの持論は「かけたコストに対して住み手が相応の効果を実感できるような家づくりをする」こと。 オーナーさんの話に耳を傾けるのはもちろんですが、何が必要で何が無駄なのか、将来の家族形態も考えながら細かいところまでオーナーさんと話し合っていきます。 さらに、住んでからも家のすべてに納得ができるのは、建てている最中に現場で何度もMさんご夫婦と話し合いながら修正を重ねていったから。これも納得のいく住まいづくりのために奥島さんが大事にしていることです。 小さなお子さんがいながら、すべての部屋がすっきりしているのは「ないようでいて、実はかなり収納があるんですよ。助かっています」と奥さん。 13_02oku_end.jpg

記者の目

北国らしいデザインと性能を併せ持った奥島さんの手掛ける家は、外見のみならず中身も魅力的。何よりも個人的に思うのは「取材以外でおじゃましたかった!」ということ。あの凹凸がしっくりとくる杉板の床には、私も寝転んでみたかった・・・です。

あ~すくらふつ 住・空間研究室 一級建築士事務所の企業データ

作品例

編集部からの一言

・自然素材活用、住宅性能への理解、対応力は十分
・記者は、奥島さん設計の事例取材で何件もオーナー さんにお会いしています。皆さんが、望む暮らし・住まいを体現できていることを強く感じます。

私たちの話をじっくり聞いてくれました。その上でデザインや素材を提案してくださったので、とても安心して家づくりをすすめることができました。

会社情報

企業データ

設立:1992年
代表:奥島憲晶
対象エリア:道内、主に札幌圏

社名 あ~すくらふつ 住・空間研究室 一級建築士事務所
住所

札幌市中央区宮の森4条10丁目6-3

TEL 011-621-3470
FAX 011-621-3470
HP http://earthcrafts.blog115.fc2.com/
HP http://fotologue.jp/earthcrafts/

アクセス

この企業の記事一覧

ブログ新着記事

春、あったかいんですねぇ
みやのもりまちなか散策・・・とあるご近所の、「可憐なお花」をはっけん!路地状敷地のアプローチ部分、通15年05月01日
晴れっ!ぶらっと@札幌
収納棚 自作
ゴールデンウィーク中に、久しぶりの「手仕事」お題は収納棚。微力ながらお手伝いしているNPO事務所の「15年04月28日
晴れっ!ぶらっと@札幌
初夏の円山へ
昼過ぎ、天気が良いのでサクッと山登りに・・・カメラを持って向かった先は「円山」、今季2回目一月に登っ15年04月08日
晴れっ!ぶらっと@札幌
夏へ、のびのびと伸びよ~
先週までの曇り空から、一転「天っ晴れな」青空が広がっております@札幌6月初旬、植えたばかりの、ゴ-ヤ14年06月27日
晴れっ!ぶらっと@札幌
「濡れ縁」製作
友人のアトリエに、「縁側」を製作してきました。アトリエは、築40年を越えてるであろう「三角屋根の家」14年06月26日
晴れっ!ぶらっと@札幌
企業情報を見る
このページの先頭へ