ホーム > 新聞記事

新聞記事

2016年02月10日号から

2月9日から10日早朝にかけてサーバー障害のお詫び

サーバー障害のお詫び
 
平素は格別のご愛顧を賜りまことにありがとうございます。
 
北海道住宅新聞社が契約しているサーバー会社のディスク障害により、当社ホームページが閲覧できない状態が約19時間続きました。
 
■障害時間 2016年 2月 9日(火) 10時45分 頃から
■障害復旧 2016年 2月 10日(水) 5時22分 頃まで
     ※時間は24時間表記です。
 
サーバー会社の説明によると、具体的な障害は以下の通りです。
 
1.「北海道住宅新聞社」ホームページ(www.iesu.co.jp)、ならびに「札幌良い住宅」(www.iesu.co.jp/ghs)が上記の時間閲覧できなくなりました。
 
2.障害が起きた時間帯に×××@iesu.co.jp(×××は社員名、infoなど)宛てに送られたメールは、サーバー障害のため消失した可能性があります。
 
 
現在、サーバー会社によって復旧作業は終了しましたが、ディスク障害により2月7日~9日に公開したコンテンツが消失し、これに関しましては後ほど当社で復旧いたします。
 
みなさまには大変ご迷惑とご不便をおかけしました。完全復旧まで今しばらくお待ち下さい。また、2月9日に当社宛にメールを送られて、エラーメッセージが出てメールが戻ってきた方は、恐れ入りますが、再度メールをお送り下さい。
 
 
2016年2月10日 07:21 株式会社北海道住宅新聞社
お問い合わせ TEL011-736-9811 FAX011-717-1770
 


2016年02月05日号から

札幌版次世代基準改定、4月からスタンダードに80万円

2016年2月5日号の読みどころ

20160205_1men.jpgインターネットを活用して、スマートフォンから住宅設備を制御する暮らしの革新が始まっている。暖冷房・給湯・照明の制御、玄関ドアの施錠・解錠はすでに商品化されている。大切なのは、これからの住宅取得世代が、こういった技術に親しんで育った世代であり、避けて通れない提案内容のひとつになってくる可能性が高い点だ。スマート設備と呼ばれる次世代住宅設備をまとめた。


札幌版次世代住宅基準が4月から改定される。改訂の大きなポイントは補助金額の変更だ。ベーシックが30 万円、スタンダードが80 万円、ハイは150万円、トップランナーだけはこれまで通り200 万円。20160205_3men.png

YKKAPの大開口片引きテラス戸発売など、ニュースが多い紙面だ。


試読・購読のお申し込みはこちら 価値のある3,150円

このページの先頭へ

運営サイト

株式会社北海道住宅新聞社
〒001-0029 札幌市北区北29条西4丁目2-1-201
tel.011-736-9811 fax.011-717-1770

当サイトで使用している写真およびテキストの無断転載を禁止します。

Copyright (c) 北海道住宅新聞社. All Rights Reserved.