ホーム > 新聞記事

新聞記事

2015年06月22日

7月31日 札幌、新しい視点の営業セミナー・集客とファンづくりなど

0731_flyer1.jpg北海道住宅新聞社は7月31日(金)、札幌コンベンションセンターで「営業の常識を覆すコラボ住宅セミナー」を開催します。

内覧会などに常に集客し、見学者の興味を引き、クロージングが良くなれば、住宅販売は安定してきます。ではどんな方法があるのか。これまでの住宅営業であまり語られることのなかった新しい視点から、集客とファンづくり、そしてクロージング方法を3人の講師が説明します。

テーマは「ホームページでファンをつくる」「内覧会のPOP広告を劇的に改善する」「お客様が逃げる心理から学ぶ」の3つ。
講師は、「ホームページが集客しないたった1つの理由」について本紙編集長の白井康永、「POP広告で住宅展示場が劇的に変わる!成約率アップの秘策」について㈱ピーオーピーオリジン沼澤拓也社長、「ライバル会社に負けない!ストレスフリー営業術とは?」についてライブシティ㈱木村隆社長。

日時:7月31日(金)13時30分~17時
会場:札幌コンベンションセンター204会議室(札幌市白石区東札幌6条1丁目1)
定員:50名で先着順
受講料:税込3000円。

申し込みを以下からダウンロードいただき、会社名と電話・fax番号、参加者氏名を記入のうえ、弊社までfaxをお送りください(fax.011-717-1770)。0731_flyer.pdf


2015年06月20日

7月10日・17日・24日(金)に東北で改正省エネ&低コストヒーポン冷暖房セミナー

(株)キムラ仙台営業所では、7月10日(金)弘前、17日(金)仙台、24日(金)盛岡で「『改正省エネ基準』&新時代対応『床下冷暖房システム』」セミナーを開催する。
 
改正省エネ基準への対応で蓄熱暖房機が使いづらい、ヒートポンプ温水暖房のイニシャルコストが気になる、エアコンの壁掛け設置をすっきりさせたい、全館空調を低価格でやりたい、など東北で冷暖房システムに悩んでいるビルダーが対象。
 
当日は、改正省エネ基準のポイントや認定低炭素住宅についておさらいし、同社のヒートポンプ式床下冷暖房システム「エアボレー」について詳しく説明する。
セミナーは13時30分開始、16時終了(盛岡会場のみ開始、終了時刻ともに20分繰り下げ)。
 
参加費は無料だが、参加人数把握のため事前申込が必要。
申込、問い合わせは、同社仙台営業所(TEL022-781-1301)。
 
■開催日程
7月10日(金)13時30分~ 弘前 弘前市民会館 2階
7月17日(金)13時30分~ 仙台 (株)キムラ 仙台営業所 ショールーム
7月24日(金)13時50分~ 盛岡 キャラホール 都南公民館 3階


2015年06月06日

7月18日室蘭 建研坂本理事長招き講演会 「21世紀の住宅と地域創生」

 国立研究開発法人建築研究所の坂本雄三理事長を室蘭に招き、7月18日(土)「21世紀の住宅と地域創生」をテーマに講演会が開かれる。

 主催するのは室蘭のビルダー・㈱住まいのウチイケ。同社がハウス・オブ・ザ・イヤーを受賞した記念に、省エネ技術をベースに据え、住宅づくりから豊かな暮らしの実現と地域創生につなげたいと活動してきた同社が、北海道出身の坂本理事長に直接依頼して実現した。

 当日は13時20分から坂本氏が1時間ほど講演し、14時30分からは本紙白井編集長が坂本氏にこれからの住宅づくりと北海道の未来について聞く。会場は中嶋神社蓬崍殿(室蘭市宮の森町1-1)。定員は180名で参加無料。

 申し込みは、会社名、住所、FAX番号、参加者氏名を記載の上、同社へFAX.0143-42-4128のこと。申込書はこちら。2015_0718muroran.pdf
問い合わせは☎0143-42-4118、担当・杉浦・成田氏。


2015年06月06日

7月10日函館、13日北見、14日旭川でセミナー「断熱+環境設備のこれから」

seminar_omote_2015_S.jpg北海道住宅新聞社は、7月10日(金)函館、13日(月)北見、14日(火)旭川で「省エネ住宅・設備セミナー "断熱+環境設備のこれから」を開催する。

省エネ基準が変わり、2020年度に義務化される方向がハッキリしてきた。国はさらに認定低炭素住宅、ZEHといったより高い環境性を誘導基準に据えているが北海道は今後何を目指すべきか、講師の山本亜耕氏が実例を示しながら「北海道の作り手が目指すべき家」をデザインと性能の両面から考える。

また、この10 年で大きく進化した石油機器と、その一次エネルギー性能評価も紹介する。

講師は、山本亜耕建築設計事務所山本亜耕氏、藤原環境科学研究所藤原陽三氏。石油機器取扱いメーカーの最新型主力機器も展示される。
セミナーは、石油連盟北海道石油システムセンターとの共催。コロナ、サンポット、長府製作所、トヨトミ、ノーリツ、ホクエイの協賛。

会場は、函館(7月10日)が函館国際ホテル・朝陽の間(函館市大手町5-10)、北見(7月13日)が北見プラザホテル・オホーツク(北見市とん田東町617-139)、旭川(7月14日)が旭川市国際会議場・レセプション室(旭川市神楽3条7丁目)。いずれの会場も時間は13時~15時30分、定員50名、参加無料。

申し込みは、会社名、住所、FAX番号、参加者氏名とメールアドレス、希望会場を記載の上、本紙宛てFAX.011-717-1770のこと。または申込書をダウンロードしてお申し込みください。こちら。2015_07flyer_S.pdf
問い合わせはtel.011-736-9811、担当・本紙白井。


試読・購読のお申し込みはこちら 価値のある3,150円

このページの先頭へ

運営サイト

株式会社北海道住宅新聞社
〒001-0029 札幌市北区北29条西4丁目2-1-201
tel.011-736-9811 fax.011-717-1770

当サイトで使用している写真およびテキストの無断転載を禁止します。

Copyright (c) 北海道住宅新聞社. All Rights Reserved.